修理or放置?フロントガラスが飛び石で傷付いたケース

修理or放置?フロントガラスが飛び石で傷付いたケース

クルマの運転中に突然のバチッという衝撃音!…確認してみるとフロントガラス(ウインドシールド、windshield)には飛び石によって残る傷跡…。

そう、今回はフロントガラスに傷を付ける飛び石の話です。

自身の運転操作技術とは無関係に起こるトラブルの一種ですが、ちょっとした注意で対策を講じることも可能だったりします。

飛び石被害によって起こるフロンガラスへの傷の原因や対策方法、その際の自動車保険の扱いなどについて解説します。

飛び石は何が原因で起こるのか?

飛び石被害の最も大きな要因となりやすいのはやはりクルマの速度。

速度が増すほど飛び石が接触したときの衝撃力も大きくなるため、特に速度を出さなければいけない高速道路では飛び石による被害が大きくなりやすいです。

停止している対象というならまだしも、クルマのタイヤによって弾き飛ばされた石がこちらに向かってくる形で接触することが多いため、その衝撃力は想像以上の大きなものになりやすい…というわけです。

前方を走行するクルマ全てに可能性がないわけではありませんが、その中でも砂利などを積載しているダンプカー、砂利道を走行することが多い貨物系のクルマの後ろを走行する場合は特に警戒しておくことがすすめられます。

…手っ取り早く有効な対策手段となるのは車間距離。

タイヤに弾き飛ばされた石がいつまでも空中を飛来し続けるわけではないので、一定の車間距離を保持しておくことは単純ながら手軽な対策となるでしょう。

そもそもクルマの制動距離という観点から考えても、特に高速道路では車間距離が短すぎると感じるドライバーは少なくありません。

一定の車間距離は飛び石対策としても安全運転対策としても機能するメリットがあるので、これを機に車間距離を意識した運転を心掛けるようにしましょう。

関連記事:「急には止まれない?空走距離、制動距離、停止距離の違い」

飛び石は放置すると傷が広がる!

特に根拠もなく「そのまま放置しても問題ないかな?」…と判断する人もいますが、飛び石によるフロントガラスの傷は放置すればさらに広がる可能性があります。

まず、どこを走行するにしても継続的に生じる振動は影響が大きく、高速道路の走行ではさらに強い振動を与えやすくなるのです。

他にも風圧や温度変化でもフロントガラスの傷は広がってしまいます。

当然ながら放置していても傷が自然に治るようなことはなく、むしろ悪くなる可能性しかないため、被害が広がる前に早急な処置をすることがすすめられます。

飛び石による被害の修理は被害の度合にもよりますが、比較的小さなものであれば1万円前後を考えておくといいでしょう。

しかし、破損範囲が大きかったり放置によって被害が広がってしまうと、フロントガラスの取り替えが必要になる可能性があり、その際は10万円前後の修理費用が必要となってしまいます。

…ちなみに、えぐったような傷跡は「飛び石跡」。

…ちなみに、えぐったような傷跡は「飛び石跡」で、比較的補修しやすいタイプの傷といえるでしょう。

しかし、亀裂(もしくはひび)が生じているタイプは一般的に「割れ(ワレ)」と呼ばれ、範囲によるものの補修によって見栄えをそれなりに改善できますが、再発の可能性があるので注意が必要です。

(※ 参考:「意外と多い?!『フロントガラス飛び石跡』の誤解」 グーネット)

ユーザーの多くは「修復」と聞くと、新品に近い綺麗な状態を想像する人は多いかと思いますが、飛び石での修復はフロントガラスの破損状態の拡大を防ぐためのものであって、決して「元の状態に戻す」といったものではありません。

東海自動車ガラス株式会社の「ハイテクマシンを使用して、フロントガラスのキズを迅速・安価で修復!」でも同じような内容が掲載されているので、修復の前に簡単に内容をチェックしておくのもおすすめです。

…あと、飛び石による被害を未補修の状態で放置すると、傷跡が振動などによる影響で広がってしまうばかりでなく、車検に通過できなくなるデメリットもあるのでご注意。

飛び石による被害の責任について

状況によっては飛び石を発生させた相手を特定できるケースも少なくありません。

最近ではドライブレコーダーを装備しているクルマも増えており、映像記録として証拠を確保できているケースも増えていると思います。

しかし、他人によるクルマの損壊行為といえば「器物損壊罪」にあたると考えられますが、これは前提として「故意」であることがポイントになります。

基本的にクルマの運転操作技術によって、他人のクルマのフロントガラスに飛び石をぶつけるなんて芸当が故意にできるはずもありません。

…よって、例え飛び石を生じさせた相手を特定することができ、映像などの証拠が揃っていたとしても、責任を問うことはできないというのが一般的なのです。

(※ 参考:「飛び石でフロントガラス交換…飛ばした相手を罪に問える?」 シェアしたくなる法律相談所)

最近ではこういったトラブルに関しても、法律に関する情報サイトで正確な情報を確認することができるので事前にチェックしておくのもおすすめです。

飛び石被害で保険を使うべき?

クルマの補償といえばこんなときに役立つのが自動車保険の存在で、飛び石に対する補償を備えているのは車両保険です。

車両保険といえば「一般、車対車+A、エコノミー」など種類はありますが、いずれも飛び石(飛来中の他物との衝突)は補償に含まれていることが多いですね。

保険を使う場合であれば証券番号などのユーザーの基本情報の他に、飛び石の被害発生状況、日時や場所なども必要となることを覚えておきましょう。

詳しいことは契約している保険会社に相談することがすすめられます。

しかし、そもそも保険を使うべきかも判断すべき重要事項になるでしょう。

関連記事:「必要か否か?車両保険の特徴や加入率から考える」

保険を使えば1等級ダウンする

保険を使うべきかで検討すべきは「等級ダウン」のこと。

飛び石の被害に対する補償として車両保険を使ってしまえば、自動車保険の等級は「1等級ダウン」となってしまいます。

ここで重要なポイントになるのは修理費用の見積り金額。

例えばフロントガラスの修理費用が1万円程度で済むという場合、その時点での等級や支払っている保険料の金額にもよりますが、保険を使わないほうが収支で言えば得をするケースも少なくありません。

つまり、早急に修理費用の見積りを依頼し、その金額と1等級ダウンの場合の保険料を比較して判断することがすすめられるというわけです。

(※ 等級ダウンによる金額の変動については、ソニー損保の「保険を使うと、どれくらい保険料が高くなるの?」で概算金額を算出することもできます。)

もちろん保険会社への連絡も早めにすべきなので、見積りの請求から保険会社への連絡と、被害発生後はなるべ間を空けずに早めに行動するようにしましょう。

関連記事:「3等級ダウン、1等級ダウン、ノーカウント事故とは?」

免責金額と被害金額の比較

もうひとつ注意しておくべき内容は免責金額のことで、車両保険では保険料を節約する選択肢として免責金額を設定することができます。

免責とは「保険会社側がその責任を負わない金額」という意味で、もしも免責で5万円を設定した場合、何かあったときにその5万円以内の金額は、保険会社ではなく自身が負担するコストになる…ということを意味しています。

例えば車両保険の免責金額を5万円で設定し、飛び石による被害で修理費用が1万円だった場合、全額自己負担して修理を行なわなければいけません。

また、仮に同条件で飛び石による被害が想像以上に大きく、最終的にフロントガラスの取り換えが必要となり、その修理費用として10万円が生じたとします。

この場合であれば免責金額分を差し引いても5万円の保険金が支払われることになるため、1等級ダウンしても保険を使う意義は十分にあるといえるでしょう。

…このように状況に応じてそもそも使えない場合や、「使う?or使わない?」の判断が必要な場合があり、メリットの多い方を選択することがすすめられるというわけです。

関連記事:「いくらが適切?車両保険の免責金額について」

自動車保険を一括比較!
自動車保険を一括比較!

2000年に自動車保険の一括見積もりを開始した「保険の窓口 インズウェブ」は、東証一部上場のSBIホールディングスが運営しておりその利用者数は900万人を突破!

サービス情報提携会社情報
形式:一括見積もり見積依頼:最大20社
利用料金:無料対応地域:全国
入力目安:最短5分ソニー、アクサなど

実際に初めての一括見積もりで自動車保険料が安くなったという金額は平均30,035円!その中でも5万円以上安くなったという人はなんと約2割も!

(※ 2万円~3万円未満は18%、3万円~5万円未満は23%、5万円以上は19%)

一括見積もりに参加している会社はダイレクト型(通販型)自動車保険業界で好調なソニー損保をはじめ、アクサダイレクト、三井ダイレクト損保など最大20社が対象に。

大切な愛車を高く売る!
大切な愛車を高く売る!

2007年に買取査定サービスを開始した「かんたん車査定ガイド」は、2017年9月で利用実績が280万人を突破しました!

サービス情報買取業者情報
買取形式:一括提携業者:42社
利用料金:無料査定依頼:最大10社
入力項目:9項目業者選択:不可
入力目安:45秒対応地域:全国
売却実績①…トヨタ プリウス
年式
2010年
走行距離
6~7万キロ
査定日
2015年9月
+30万円の100万円で売却。
売却実績②…トヨタ ランドクルーザー
年式
2008年
走行距離
5~6万キロ
査定日
2015年7月
+60万円の460万円で売却。

運営会社であるエイチームライフスタイルは東証一部上場のエイチームのグループ会社で、査定申し込み後はすぐに概算査定が提示されます。

厳選な審査をクリアした優良な「JADRI会員のみ」で構成されているため、買取によるトラブルが起こりにくく、2016年4月~2017年3月に行なわれたアンケートでは平均10万円以上も高く売れたことが明らかに!

関連記事:「JADRI限定!かんたん車査定ガイドの特徴とは?」