「SUV」とは?その意味を初心者向けに分かりやすく解説

「SUV」とは?その意味を初心者向けに分かりやすく解説

注目度が高まっているだけに気になる「SUV」…どんな意味でどんな車のことなの?…といったSUVについての基礎知識やちょっとだけ詳しい話などをお伝えしたいと思います。

そもそもSUVってどんな意味?

まず、SUVは「sports utility vehicle」の略称で読みは「スポーツ・ユーティリティー・ビークル」、ユーティリティーは有益や利便性が高いことを意味しており、日本語では「多目的スポーツ車」と呼ばれることが多いです。

加えてSUVというのは車をボディタイプ(種類、形態)別に見た場合の一種でもあり、セダン、ミニバンといった分類のひとつということになります。

基本的には高めの車高、車体はワゴン系で積載性にも優れた構造に。

ただし、これまでのボディタイプの分類と同じく明確に定義されているわけではないので、駆動方式や車体構造に一定の統一性はありません。

日本では街乗りタイプのSUVが登場したことで、このタイプが一躍SUVの主流となり、おおよそ外観だけの走行性の高くないタイプでもSUVに含まれるようになるなど、「今のSUVは広義的」という認識が強くなっている印象です。

このように今のSUVはもともと明確でないところにねじ込むように新たな車が登場しているため、「これもSUVなの?」…という声が出やすくなるジャンルに。

高い走行性能を有していても、日本ではそれを活用できる地域が限られてしまうというのが現状で、街乗りタイプのSUVが主流になるのも自然な流れといえるでしょう。

…なので、今SUVというワードは基本的に少数派のオフロード仕様ではなく、主流の街乗りタイプをさすのが普通…といったところが基本的な概要になるかと思います。

SUVとRV…これらの違いとは?

これもこれも多くに混同されがちなことなので基礎編として解決しておきましょう。

そもそもRVというのは「recreational vehicle(レクリエーショナル・ビークル)」を略したもので、レクリエーションとは余暇や休養をあらわす英語です。

日本語でいうと趣味とは異なり、あくまで余暇で使うのに適した車という分類。

基本的には積載量がポイントになっており、キャンプなどのアウトドアを楽しむのにちょうどいい感じの車。例えばステーションワゴンやミニバン、そして本記事のメインテーマであるSUV、最もそれっぽい印象のキャンピングカーを含むような範囲の広いワードです。

SUVもずいぶん広義的に使われてはいますが、SUVというのはあくまでRVというジャンルの一種になるというわけですね。

登場当時は今のSUVとは別物

SUVというジャンル自体は今から50年以上昔、1960年代にアメリカで登場したもので、当時はピックアップトラックをベースにしたものといわれています。

「SUVといえばもともとはオフロード」というイメージも根強いところですが、「本当の意味でのもともと」はオフロード走行を想定したものに限定するわけではなく、当時から2WD(二輪駆動)のものも含めてSUVとして扱われていたようです。

それからワゴン系のボディが主流となり今のSUVへとつながります。

SUVという名称にあまりピンとこない人もいるのではないかと思いますが、もともとはアメリカで誕生したという経緯があり、その土地柄に適したワードがセレクトされ、組み合わせてあるため、全く土地柄の異なる日本ではピンとこないのも仕方ないのかもしれませんね。

…駆動方式ついて触れたのでこの項目でついでに解説しておきます。

SUVと4WDを混同してしまう人もいるので誤解を解くと、SUVは車の種類とかボディタイプをあらわす分類、4WDは車の駆動方式の一種となります。

現在売れ筋となっているSUVはほとんどが2WDで、オフロードで使うことがなければSUVであっても実用性の高い2WDを選ぶ方が使い勝手はよいかと。

4WDというのは四輪駆動、つまり4つのタイヤを駆動させるための構造のことで、単純に考えてもそのためのパーツが増える → 車両の重量が増える → 重くなれば燃費が悪くなる…といったデメリットがあるのでご注意。

また、使用されるパーツが多くなり複雑になるということはその分車両価格も高くなるので、オフロードを走行する機会がなければ実用性は低いといえるでしょう。

少数派だけど個性的なクロカン

少数派だけど個性的なクロカン

SUVの意味について触れるならこちらも押さえておきたいところ。

今ではすっかり街乗りタイプに主軸は奪われてしまっていますが、「純粋なSUV」といえば一般的にはこちらをさす人が多いでしょう。

クロカンとはでこぼこ道などの舗装されていない道や野山など、クロスカントリー(cross country、野山の横断)を走行することを想定した構造の車をさす言葉で、クロカン車とかクロスカントリー車とも呼びます。

オフロードを走る4WDでワイルド系の車といった印象ですね。

最近の日本では特に体感する機会は少ないですが、舗装されてない場所を走行する力強さは、やはりオフロード車特有の楽しみであり、言葉では語りきれない魅力があります。

…とはいえ悪路の走破性については優れていますが、車体が大きくそれに応じて車体重量が重くなること、加えて4WDという構造でも重さが増すことで燃費が悪く、街乗りが多くなると実用性が低くなるといったデメリットもあります。

舗装されていない道などを走る機会が多く、ガソリン代の安い土地柄では利便性の高い車、まさにユーティリティーな車といえるでしょう。

しかし、こういった条件に当てはまらない土地柄、日本のような土地柄ではその特長を活かしにくく、どちらかというと趣味車に位置付けられていまい、ジャンルとしてはどうしても不人気となってしまうわけです。

今のSUVはほぼクロスオーバー

ハイブリッドなどのエコカーが主流になってくると、どうしたって燃費の悪いSUVはさらに下火となってしまうのも自然な流れ…。

しかし、街乗りを想定した「乗用車ベースのSUV」、いわゆる「クロスオーバーSUV」が登場するとSUV人気が世界中で高まる結果に。

最初の項目でも触れたいわゆる街乗りタイプのことですね。

クロスオーバー(crossover)とは「異なる分野を掛け合わせること」を意味しており、crossover utility vehicle(クロスオーバー・ユーティリティー・ビークル)から「CUV」、crossをとって「XUV」、もしくは単にクロスオーバーと呼ばれることもあります。

しかし、現SUVの主流は完全にクロスオーバーの方にあるので、単にSUVといえば基本的にクロスオーバーのことをさすことが一般的になっています。

外観も野山を駆けるワイルド系でごっつい印象から、ストリートを走行する流線型のスタイリッシュなデザインが主流となっています。

これをさらに細かく見ると走行性能が重視されたタイプ、見た目だけSUVの街乗り重視タイプ、これらを混ぜ合わせた中間タイプなど、一口にクロスオーバーといっても多様性があり、これもSUVを広義的にしてしまっている一因といえるかもしれません。

日本ではそのライフスタイルにあわせて、コンパクトカーと融合させた一回り小さいサイズの「小型クロスオーバー(もしくはコンパクトクロスオーバーSUVなど)」が登場しており、注目はこちらのお手頃サイズに集まっています。

SUV新車販売台数では2014年から3年連続で1位を獲得したのがホンダ ヴェゼル、2017年にはトヨタ CH-Rが1位を獲得していますが、これらはいずれも分類するなら小型クロスオーバーに該当する車となっています。

ついでにいうと2017年の世界販売台数では4位に小型クロスオーバーであるトヨタ RAV4、5位にはミドルサイズ・クロスオーバーであるホンダ CR-Vがランクインしています。

…今回の「SUVの意味とは?」というテーマは、色々と複雑な面があり解説も長くなってしまいましたが、なんとなくでも理解しSUV選びの一助になれば幸いです。

関連記事:「これで解決!車の種類(ボディタイプ・形)のまとめ」

大切な愛車を高く売る!
大切な愛車を高く売る!

2007年に買取査定サービスを開始した「かんたん車査定ガイド」は、2017年9月で利用実績が280万人を突破しました!

サービス情報買取業者情報
買取形式:一括提携業者:42社
利用料金:無料査定依頼:最大10社
入力項目:9項目業者選択:不可
入力目安:45秒対応地域:全国
売却実績①…トヨタ プリウス
年式
2010年
走行距離
6~7万キロ
査定日
2015年9月
+30万円の100万円で売却。
売却実績②…トヨタ ランドクルーザー
年式
2008年
走行距離
5~6万キロ
査定日
2015年7月
+60万円の460万円で売却。

運営会社であるエイチームライフスタイルは東証一部上場のエイチームのグループ会社で、査定申し込み後はすぐに概算査定が提示されます。

厳選な審査をクリアした優良な「JADRI会員のみ」で構成されているため、買取によるトラブルが起こりにくく、2016年4月~2017年3月に行なわれたアンケートでは平均10万円以上も高く売れたことが明らかに!

競売システムで高く売る!
競売システムで高く売る!

独自のオークションシステムで買取サービスを開始したのが「ユーカーパック」。

サービス情報買取業者情報
買取形式:競売業者数:2,000以上
利用料金:無料査定依頼:査定1回
入力項目:7項目業者選択:-
入力目安:30秒対応地域:全国
売却実績①…トヨタ プリウス
年式
2016年
走行距離
9,906km
査定日
2018年2月
+39万円の175.6万円で売却成立。
売却実績②…トヨタ アルファード
年式
2012年
走行距離
34,242km
査定日
2018年6月
+61万円の230万円で売却成立。

電話のやり取り&実査定は1回だけ!独自オークションで買取業者との直接交渉をする必要はなく、売り手が少ない手間で高く売りやすいという革新的なシステムが特長。

(※ 2018年5月の車種別平均入札件数はトヨタ ハイラックスサーフが1位で34.4件、トヨタ アルファードが29.1件、ホンダ ステップワゴンスパーダが29.0件という結果に。)

出張査定手数料、オークション出品料、成約手数料など完全無料で利用できるなどユーザーにありがたいサービス。