なければ違反?初心者マークの義務と反則金

なければ違反?初心者マークの義務と反則金

運転免許の取得が完了したらいよいよ公道での実践!

そんな運転初心者には欠かせない…というか「欠かしてはならない」のが、初心者の証である「初心者マーク」です。

これは運転者が運転の初心者であることを周囲に知らせる大事な表示となります。

初心者マークの義務やそれに違反した場合の法律、貼り付ける位置や購入に関する基礎知識をまとめて解説します。

初心者マークの義務期間と条文

初心者マークを表示することは該当者の義務となっており、これを守らなければ道路交通法に反することとなります。

「運転免許の効力が有効である期間」が通算1年未満の人は、初心者マークを付けずに運転してはならないと規定されており、1年経過することで表示する必要がなくなります。

初心者マークに関する罰則を知りたいと調べる人は少なくないようですが、その多くが知りたいのは罰則ではなく条文だと思われますのでその条文を掲載しておきます。

初心運転者標識等の表示義務
第71条の5 第84条第3項の普通自動車免許を受けた者で、当該普通自動車免許を受けていた期間(当該免許の効力が停止されていた期間を除く。)が通算して1年に達しないもの(当該免許を受けた日前6ヶ月以内に普通自動車免許を受けていたことがある者その他の者で政令で定めるものを除く。)は、内閣府令で定めるところにより普通自動車の前面及び後面に内閣府令で定める様式の標識を付けないで普通自動車を運転してはならない。

…気になる違反点数と罰金について。

これに違反すれば「初心運転者標識表示義務違反」となり、違反点数として1点が加点され、4,000円の「反則金(厳密には罰金ではなく反則金)」が生じることとなります。

運転免許の効力の停止期間

条文にも記述のあるとおり、運転免許の効力が停止されている期間がある場合には、その期間は差し引いて考えなければいけません。

ここでいう運転免許の効力の停止期間とは、免停(免許停止処分)処分時の「免停期間(免許停止期間)」がこれに当たります。

例えば免許取得後1年以内に30日の免停処分を受けた場合、運転免許取得後1年+30日より後でなければ、初心者マークをはずせないということになります。

…ちなみに、運転免許の効力の停止期間は免許証を所持していてもその効力はなくなっているので、その状態で運転すれば「無免許運転」となるので注意しておきましょう。

免許の再取得と過去の運転歴

「免許取消処分の以前に1年以上の運転歴がある場合は?」

前項目の停止期間についてのみであれば問題ないように思えますが、条文には「…当該免許を受けた日前6ヶ月以内に普通自動車免許を受けていたことがある者…」という記述もあります。

免許取消処分になれば最低でも1年以上の欠格期間があり、「6ヶ月以内に免許をもっていた者」からは外れるため、免許取消以前の運転歴は計算に含まれません。

ちなみに、運転免許の更新を忘れた人は6ヶ月以内であれば、完全な失効とはならずに更新することが可能になるという制度があります。

これはいわゆる「うっかり失効」といわれるものですが、この制度の適用により免許を再取得した場合は、初心者マークの表示義務が免除されるというわけです。

初心者マークを貼る位置など

初心者マークを貼る位置など

いざ初心者マークを貼ろうと思っても、「どのくらいの位置に貼ればいいのか分からない」という人もいるかと思います。

その辺りを走る車両を参考にするのもありですが、なかには間違った位置に貼り付けている場合もあるので注意が必要です。

初心者マークを貼る位置はちゃんと法律で規定されており、「地上0.4m~1.2mの見えやすいように表示」となっています。

初心運転者標識等の表示
道路交通法施行規則 第9条の6 法第71条の5第1項から第3項 まで並びに第71条の6第1項及び第2項に規定する標識は、地上0.4メートル以上1.2メートル以下の位置に前方又は後方から見やすいように表示するものとする。

これはそもそも周囲から視認できるように貼らないと意味がないので、周りから見えやすい位置を意識して貼るようにしましょう。

上下の範囲は規定されていますが左右の範囲は規定されていないので、車両の右側に貼ろうが左側に貼ろうが問題ありません。

初心者マークは後ろだけ?

初心者マークを後ろだけ、もしくは前だけに付ければいいと思っている人もいますが、正しくは両方に貼り付けることが規定されています。

最初の項目でも紹介した道路交通法(第71条の5)の条文にも「…普通自動車の前面及び後面に…」と明記されており、「及び」は両方必要であることを意味しています。

ガラスへの貼り付けについて

ガラスへの貼り付けについて

初心者マークをフロントガラスに貼り付けている車を見かけることも少なくありませんが、法的にはNG行為であるため注意しておきましょう。

窓ガラスへの貼り付け等
道路運送車両の保安基準 第29条 第4項 前項に規定する窓ガラスには、次に掲げるもの以外のものが装着され、貼り付けられ、塗装され、又は刻印されていてはならない。

…と、法律では許可されたもの以外がNGとなるわけです。

許可されたものというのが検査標章(車検証と一緒にもらえるステッカー)、ETCアンテナ、ドライブレコーダー、窓ガラスに関する表示などで、初心者マークはこれに含まれていないので貼り付けてはいけません。

ちなみに、「前項に規定する窓ガラス」とは前面ガラス及び側面ガラスのことなので、リアガラスに関しては規定されいません。

他人の車やレンタカーでも必須!

意外と勘違いされていることが多いですが、初心運転者標識は車に対してではなく、運転者のステータスをあらわす標識となっています。

会社で使う営業車、友達からちょっとだけ借りた車、レンタカーなどでも、運転する者が初心運転者に該当するのであれば初心運転者標識の表示義務が生じるので、初心者マークをきっちりはりつけてから運転するようにしましょう。

ちなみに、一般的なレンタカー店であれば初心者マークを用意してくれていることが多いので、必要な場合は事前に連絡して確認しておくのがおすすめです。

印刷や自作したものでもいいの?

ネットでもたまに見掛けますがこういったものの様式は法律できっちり大きさ、色、材質などが決められているため、それに準拠したものを自作するより購入したほうが安上がりであることが一般的です。

参考までに道路交通法施行規則の条文を以下に掲載します。

初心運転者標識等の様式
第9条の7 法第71条の5第1項及び第2項の内閣府令で定める様式は、別記様式第5の2のとおりとする。
別記様式第5の2
備考1 緑の色彩は白色、緑線の色彩は黒色、地の左の部分の色彩は黄色、地の右の部分の色彩は緑色とする。
備考2 地の部分には反射材料を用いるものとする。
備考3 図示の長さの単位は、センチメートルとする。

…このように初心者マークの様式には厳密な規定があるため、通販でたまに見かけるおしゃれ系な初心者マークなどちょっとでも手を加えたものは、初心運転者標識ではなくなってしまうので注意しましょう。

そういったマークを使うのであれば、正式な初心者マークと別に貼り付けるといった使い方がいいと思います。

初心者マークの購入場所と価格

初心者マークの購入場所と価格

古くからある代表的なのが吸盤タイプとマグネットタイプです。

最近ではプリウスなどのようなアルミボディで、マグネットが使えない車でも使用可能なフィルムタイプ(リタックタイプ)も登場しています。

イエローハットなどのカー用品店、楽天やamazonなどのネット通販でも購入可能で、ダイソーなどの100円均一でも店舗によって取り扱いがあるようです。

価格は税抜きで300円程度、フィルムタイプは700円前後。

…ただし、マグネットタイプの中でも加工に便利なゴム磁石(ラバーマグネット)を使用している場合は、素材にゴムが混ざっているため磁力が弱く飛んでしまう可能性も。

また、素材に使用しているゴムが高温で溶けてしまい、塗装に貼り付いて剥がせなくなったというトラブルも少なくないようです。

…特に夏場など高温での貼りっぱなしは要注意!

面倒かもしれませんが必要なとき以外は剥がしておくのが無難かと。

1年以上で使用すると違反?

1年以上で使用すると違反?

「1年未満は義務期間となりますが1年以上使用する場合は?」

運転免許取得後、日常的に運転しない人をペーパードライバーと呼びますが、ペーパードライバーのまま初心者マークの表示義務期間を経過した場合でも、日常的に運転する人と同じく表示義務はなくなります。

運転技術に自身のない運転者やペーパードライバーなどは、不安を感じることから付けておきたいと考える人も少なくないようですね。

結論からいうと問題はないようです。

1年未満に関しては条文で規定されていますが、1年以上の人が表示することに関しては規定がなく罰則も存在しません。

運転技術がつたない可能性や不安があることをアピールすることは、ある意味周囲への配慮ととれますし個人的にもありかなと感じています。

表示義務違反と保護義務違反

最初の項目にも書いたように、1年未満の運転者には法律により初心者マークの表示義務があり、これに反すれば「初心運転者表示義務違反」となります。

違反となった場合には違反点数1点の加点と4,000円の反則金が生じます。

初心者マークはその色や形から「若葉マーク」と呼ばれることもありますが、正式名称は「初心運転者標識」といい、これに反することことから違反の名称に「初心運転者」と付いているわけです。

また、道路交通法では初心運転者を保護する義務も規定されており、止むを得ない場合以外の幅寄せや割り込みを行なってはならないとされています。

初心運転者に対する保護の条文は以下の通り。

運転者の遵守事項
道路交通法 第71条 第5号の4 …(前略)…危険防止のためやむを得ない場合を除き、進行している当該表示自動車の側方に幅寄せをし、又は当該自動車が進路を変更した場合にその変更した後の進路と同一の進路を後方から進行してくる表示自動車が当該自動車との間に第26条に規定する必要な距離を保つことができないこととなるときは進路を変更しないこと。

これに反すれば違反点数1点の加点と、普通車や二輪車では6,000円、大型車では7,000円の反則金となります。

関連記事:「まとめ!交通違反点数と反則金の一覧」

初心者マークについての総括

運転者の誰もが経験する運転初心者という期間。

通算1年という短い時間ではあるものの初心者マークの使用は法的な義務であり、他者へ初心者であることを伝えるための大切なツールでもあります。

手間やコストを惜しまずにしっかりと貼り付けて運転するようにしましょう。

ちなみに、最近では格安レンタカーや低コスト&短時間のカーシェアを利用して、運転の練習をするという人もいるようですが、そういった場合でも初心者マークの貼り付けは必須なので忘れないようにしましょう。

関連記事:「初心者は利用可能?レンタカーとカーシェアのすすめ」

大切な愛車を高く売る!
大切な愛車を高く売る!

2007年に買取査定サービスを開始した「かんたん車査定ガイド」は、2017年9月で利用実績が280万人を突破しました!

サービス情報買取業者情報
買取形式:一括提携業者:42社
利用料金:無料査定依頼:最大10社
入力項目:9項目業者選択:不可
入力目安:45秒対応地域:全国
売却実績①…トヨタ プリウス
年式
2010年
走行距離
6~7万キロ
査定日
2015年9月
+30万円の100万円で売却。
売却実績②…トヨタ ランドクルーザー
年式
2008年
走行距離
5~6万キロ
査定日
2015年7月
+60万円の460万円で売却。

運営会社であるエイチームライフスタイルは東証一部上場のエイチームのグループ会社で、査定申し込み後はすぐに概算査定が提示されます。

厳選な審査をクリアした優良な「JADRI会員のみ」で構成されているため、買取によるトラブルが起こりにくく、2016年4月~2017年3月に行なわれたアンケートでは平均10万円以上も高く売れたことが明らかに!

競売システムで高く売る!
競売システムで高く売る!

独自のオークションシステムで買取サービスを開始したのが「ユーカーパック」。

サービス情報買取業者情報
買取形式:競売業者数:2,000以上
利用料金:無料査定依頼:査定1回
入力項目:7項目業者選択:-
入力目安:30秒対応地域:全国
売却実績①…トヨタ プリウス
年式
2016年
走行距離
9,906km
査定日
2018年2月
+39万円の175.6万円で売却成立。
売却実績②…トヨタ アルファード
年式
2012年
走行距離
34,242km
査定日
2018年6月
+61万円の230万円で売却成立。

電話のやり取り&実査定は1回だけ!独自オークションで買取業者との直接交渉をする必要はなく、売り手が少ない手間で高く売りやすいという革新的なシステムが特長。

(※ 2018年5月の車種別平均入札件数はトヨタ ハイラックスサーフが1位で34.4件、トヨタ アルファードが29.1件、ホンダ ステップワゴンスパーダが29.0件という結果に。)

出張査定手数料、オークション出品料、成約手数料など完全無料で利用できるなどユーザーにありがたいサービス。