平均10万円アップ?軽自動車の買取相場にまつわる話

平均10万円アップ?軽自動車の買取相場にまつわる話

JAMA(日本自動車工業会)の「中古車販売台数」によると、2017年の軽自動車(乗用車)の中古車販売台数は2,414,874台!

乗用車全体の5,806,577台からすると4割超の高いシェアになっており、中古車市場でも軽自動車の需要の高さが明らかとなっていますね。

軽自動車の魅力はやっぱり小回りの利くコンパクトサイズで、燃費や維持コストが安いこと、性能アップで以前よりも幅広く使えるようになったこと…など。

昔はセカンドカーとして定番だった軽自動車ですが、最近ではその利便性の高さからファーストカーとして求める人も増えており、メインの1台として幅広い世代で愛用されるようになっています。

欲しいと感じる人が多いため中古車市場でも軽自動車の人気は高く、販売価格を下げなくても売れやすいというのが大きな特徴となっているわけです。

軽自動車で買取を推奨する理由

軽自動車で買取サービスの利用をおすすめする理由は、ずばり「中古車市場での人気=リセールバリュー(再販価値)の高さ」にあります。

リセールバリューが高いということは「値落ちしにくい」という特徴があるため、買取相場も高くなりやすいというわけです。

こういった根拠を知らずに軽自動車を下取りし、ディーラーの言い値で売却処分してしまう人は少なくありません。

…しかし、出すところに出せばディーラーでの下取り価格より10万円以上の高値が付く可能性も決して低くはないのです。

そもそも下取りでは「JAAI(日本自動車査定協会)」が販売するイエローブックを基準に査定しますが、基本的に市場価値をより色濃く反映している買取の方が買取上限額は高くなりやすいということをご存知でしょうか。

数多くの買取情報サイトにおいても「下取りよりも買取を!」、「下取りは損している!」といった内容が多いのはそれが理由で、実際に買取サービスを利用するほうが高く売れることが多いという統計データもあります。

…ただし、買取サービスでの売却は下取りよりも高値を期待できる分、事前に押さえておくポイントがあったりと一手間かかるデメリットもあります。

「売却金額よりも迅速に売却したい!」という場合は下取りの方が適しているので、優先度に合わせたサービス選びも大切というわけです。

また、「手間が必要でも買取相場が気になる」…という場合、いきなり買取サービスに申し込むのではなく、参考として買取相場を閲覧してみるのもおすすめ!

(※ この記事の後半でも軽自動車の具体的な買取相場や参考サイトなどを掲載しているので、よければそちらもご覧ください。)

関連記事:「査定・相場の基礎…下取り参考価格の調べ方」

軽自動車の平均買取相場とは?

軽自動車の買取相場は具体的な統計データも公開されています。

ズバット車買取比較でお馴染みの株式会社ウェブクルーのアンケート調査において、「下取りより買取の方が高かった」と回答したのは9割以上で、その平均査定金額の差額はなんと17万円以上という結果でした。

タイプ回答数平均
査定差額
軽自動車154115,909円
コンパクト、ハッチバック101142,475円
全体672177,693円

(※ 参考 「車買取・下取りに関するユーザーアンケート調査」 ウェブクルー)

他にもセダンやスポーツカーなども掲載されていますが、ここでは特に注目度が高く比較されやすい軽自動車とコンパクトカーのみを掲載!

軽自動車は他のボディタイプよりも車両本体価格がもともと安いため、一見すると下取りとの平均差額は少なく感じるかもしれませんが、それでも買取サービスの利用で平均10万円以上も違ってくるというのは魅力的ではないかと。

次項ではさらに具体的に軽自動車の買取相場を調査したデータをまとめているので、よければそちらもご覧頂ければと思います。

関連記事:「平均10万円以上の違い?車を売るならどこがいいのか」

高額買取は海外輸出がカギ!

軽自動車は「日本の技術の結晶」といわれることもありますが、ネックになるのはやはり日本独自の規格サイズです。

しかし、そんな独自性の強い軽自動車でも需要が高く、重要な輸出先となっているのが東南アジアやアフリカ諸国です。

比較的新しい軽自動車は国内市場に出回りますが、ちょっと古めの軽自動車は海外のこういった国々へ輸出されます。

一昔前では「古い軽自動車は価値がない」なんて言われていましたが、各統計データからも明らかなようにちょっと使い込んだ軽自動車でも、買取サービスを利用して売却する価値は十分にあるというわけです。

関連記事:「大きさ・長さ・幅…軽自動車の規格サイズ(寸法)を比較!」

軽自動車はリセバリュが魅力!

軽自動車はリセールバリューの高いクルマと書きましたが、その中でも特に買取で有利になりやすいクルマは事前にチェックしておきましょう。

リセールバリューは一般的に「3年落ち・3万kmで40%~60%」といわれることは多いですが、軽自動車は比較的高い残価率を期待できます。

リセールバリューの高い代表的なクルマをいくつか挙げると、現在ロングセラーとなっている「ホンダ N-BOX」、軽トールワゴンとして根強い人気の「ダイハツ タント」はやっぱり外せないでしょう。

他にも新世代の「軽クロスオーバー」として登場した「スズキ ハスラー」、オフロードでの高い走破性が人気の「スズキ ジムニー」などもありますね。

一部をグレード別にまとめているので参考までにご覧ください。

車種
グレード
新車
販売価格
買取相場
3年落ち
3万km
5年落ち
5万km
N-BOX
G
138.6万円
72.7万円
(52.45%)
56.7万円
(40.91%)
N-BOX
カスタム G・L
169.9万円
95.4万円
(56.15%)
75.6万円
(44.50%)
タント
カスタム X
152.8万円
87.3万円
(57.13%)
67.8万円
(44.37%)
ハスラー
G
132.3万円
71.8万円
(54.27%)
57.0万円
(43.08%)
アクア
S Style Black
198.0万円
93.8万円
(47.37%)
62.5万円
(31.57%)

(※ 2019年3月調査時点のカービューのシミュレーションツールにて。)

例えば販売台数の多いN-BOXになると3年落ちでも「残価率」は5割超となっており、5年落ちでも4割以上をキープと値落ち幅は少なく、もちろん使い方次第の部分もありますが買取サービスを利用すればちょっと期待できそうですね。

せっかくなのでコンパクトカーからアクアも比較のために掲載しているので、リセールバリューという観点からの参考までに。

関連記事:「いくらが目安?軽自動車の年間維持費用を計算!」

軽自動車の買取で注意すべきこと

いくつか方法はありますが、まず代表的な方法としてはその手の流通ルートを確立している「軽自動車特化の買取専門業者」を選ぶのが推奨する方法のひとつ。

流通ルートは買取上限額に直結する重要な要素で、大差になるようなことはありませんが、少しでも高値を希望するなら押さえておきたいポイントでしょう。

また、一括査定などのように提示される買取金額の比較も代表的な手法のひとつで、他業者との手っ取り早い交渉の手段として有用性は高いです。

近年では販売業者7,000社以上が参加するオークション形式の買取サービスもあり、一括査定と比べても悪くない選択肢になるでしょう。(参考情報は後述。)

売却時の走行距離の目安

あくまで下取りの場合ですが、走行距離による査定の評価ポイントについてはJAAIの「査定業務実施店様へ」でも確認できる「中古自動車査定基準[1]加減点基準ハンドブック」でも明らかにされているので参考までに。

…この査定評価基準によると、例えば軽自動車(軽クラス)で走行距離3万km、使用経過月数33~36ヶ月であれば3万kmで査定評価は「-4点」となります。

(※ 査定評価の点数1点は1,000円。)

これに対してプリウス(Ⅲクラス)で走行距離と使用経過月数が同条件であれば、査定評価は「-2点」といった感じになります。

これだけでも2つの違いがはっきりとしますね。

軽自動車は法律によって定められた規格内で、可能な限り室内空間が広くなるよう設計されたクルマです。

その代償としてボディーは薄くてフレームも細い構造になっており、普通車に比べるとその構造ゆえの耐久性ではどうしても劣ってしまうのです。

軽自動車は使用する年数が長くなるほど、買取においてはマイナス要素が多くなりやすいので注意が必要ということです。

軽自動車の走行距離別買取

こちらは前項目と同じく株式会社ウェブクルーが行なった調査結果の内容で、走行距離別にまとめられた買取相場となっています。

走行距離平均売却金額
~25,000km595,259円
25,001~50,000km377,937円
50,001~75,000km243,698円
75,001~100,000km148,739円
100,001~150,000km74,736円
150,001km~59,414円

(※ 参考 「ユーザーアンケートで判明した年式・走行距離と車の価値の関係」 ウェブクルー)

査定金額に関連する要素を無視し、単純に走行距離だけで比較すると非常に分かりやすい結果に。

まぁ走行距離が少ない軽自動車はそれだけで高年式の割合が多くなるし、使用頻度が少なかったり傷やへこみも少ないなど状態の良いクルマが確率的に多くなるので、買取相場の平均値も高くなる…というのは予想通りかもしれませんね。

関連記事:「寿命で下取り…10万キロ超えの車に対する誤解」

軽自動車の売却時期の考え方

軽自動車は中古車市場でも価値が下落しづらいとはいえ、他のクルマと同じく徐々に価値が下がるという特性に違いはありません。

軽自動車に限らずクルマの需要は4月に最も高まる傾向があり、それより少し前の1~2月のタイミングは買取サービスに最も適した売り時ではあります。

…しかし、1~2月という好機であっても、基本的に下落する価値を超えるほどの高値が付くことはないため、最も優先すべきは自分の売却スケジュールの中での「なるべく早い時期」と考えて計画を練っていくことがすすめられます。

クルマの売却時期については別記事「最適なタイミングとは?車を売る時期について」に掲載しているのでよければそちらもご覧ください。

軽自動車の買取相場を調査!

ここでは申し込み件数の多い何台かをピックアップし、もっと具体的な車両情報とともに軽自動車の買取相場について掲載しています。

買取相場の調査で参考になるのがユーカーパックの売却実績。

ユーカーパックに掲載されている査定評価や買取相場は、他サイトと比較にならないほど詳細まで確認できることに加え、無料でいつでも見放題と当サイトでもおすすめの買取相場に適したサイトです。

ホンダ N-BOXの買取相場

新車販売台数で2017年から2年連続首位を獲得している「ホンダ N-BOX」。

調査対象はグレード:G、年式:2012年、走行距離:121,101km、やや年数の経過した6年落ち程度ですが、年式の割に10万km超の過走行車でもあります。

しかし、オークション出品前の査定では総合評価3.5点となっており、ちょっとした傷やへこみはあるものの、それなりに大事に扱われた状態のようです。

出品前の買取相場としては値段が付いていませんが、オークション出品後の最終的な取引金額は42.8万円となかなか上々の結果に終わっています。

他にも別グレードのデータを一覧にまとめているのでご覧ください。

車両情報買取相場
N-BOX・G・Lパッケージ
年式:2012年、走行距離:5万km
カラー:Pホワイト
買取時期:2018.03
買取相場:45.7万円
取引金額:61.0万円
N-BOX・G・Lパッケージ
年式:2015年、走行距離:2万km
カラー:ブロンズP
買取時期:2017.03
買取相場:71.0万円
取引金額:78.5万円
N-BOX・SSパッケージ
年式:2014年、走行距離:7万km
カラー:ブロンズP
買取時期:2018.10
買取相場:-万円
取引金額:56.3万円
N-BOX・SSパッケージ
年式:2014年、走行距離:1万km
カラー:ピンク
買取時期:2017.07
買取相場:66.5万円
取引金額:85.0万円

…年式や走行距離は分かりやすい目安として重視されがちですね。

しかし、結局のところ最も大切になってくるポイントは、クルマへの愛着というか大事に扱われたか…要は行き届いた整備が行なわれていたかが大きいです。

日常的に外側だけでなく内部にまで気使ってあげると、査定でも高い評価が得られやすく、想像以上の高値が付くといったケースは少なくありません。

ダイハツ タントの買取相場

続いては軽トールワゴンの火付け役となった「ダイハツ タント」。タントもユーカーパックでは申し込み件数の多いクルマとなっているようです。

調査対象はグレード:カスタム X、年式:2011年、走行距離:38,884km…と、こちらも査定時期から考えて6年落ちですが、年式の割に走行距離は5万km未満と控えめで、へこみなどもない良好な状態から総合評価は4点と高めのクルマでした。

オークション出品前の買取相場は36.3~53.3万円でしたが、出品後の最終的な取引金額は70.0万円と買取相場を上回る結果となっていますね。

こちらも別グレードのデータをまとめているので参考にしてください。

車両情報買取相場
タントカスタム・RS・SA
年式:2013年、走行距離:2万km
カラー:Pホワイト
買取時期:2018.06
買取相場:100.6万円
取引金額:112.0万円
タントカスタム・RS・SA
年式:2014年、走行距離:5万km
カラー:Pホワイト
買取時期:2018.01
買取相場:82.6万円
取引金額:97.8万円
タントカスタム・X
年式:2013年、走行距離:4万km
カラー:パープル
買取時期:2017.09
買取相場:56.5万円
取引金額:70.0万円
タントカスタム・X
年式:2011年、走行距離:3万km
カラー:グリーン
買取時期:2017.11
買取相場:44.8万円
取引金額:70.0万円

関連記事:「匿名OK!個人情報なしで買取相場を調べる方法」

走行距離10万km超の買取相場

せっかくなので車種別だけではなく過走行タイプも一覧にまとめました。

走行距離が10万km超ともなればガタがくる箇所も増えてくるため、高額買取とは縁遠い印象が根強いかもしれません。

それでも買取サービスを利用すれば高額買取を実現できたケースも少なくないため、軽自動車で10万km超だからといってあきらめず、最低限でも買取相場はしっかりとチェックしておくことがすすめられます。

車両情報買取相場
N-BOX カスタム・G
年式:2012年、走行距離:12万km
カラー:グレー
買取時期:2018.09
買取相場:-万円
取引金額:42.8万円
N-BOX
Lパッケージ
年式:2012年、走行距離:11万km
カラー:Pホワイト
買取時期:2018.04
買取相場:-万円
取引金額:30.4万円
エブリイワゴン・PZ ターボ
年式:2011年、走行距離:10万km
カラー:Pホワイト
買取時期:2018.09
買取相場:23.0万円
取引金額:40.0万円
ジムニー・ワイルドウインド
年式:2008年、走行距離:11万km
カラー:Pホワイト
買取時期:2017.04
買取相場:19.9万円
取引金額:39.3万円

今回取り上げたクルマはいずれも、一般的には「過走行」と呼ばれる10万km超で売却となった実際の取引データです。

…一般的に低年式&過走行になってくると下取りはもちろんのこと、買取サービスでも値段が付かないことは多くなってきます。

しかし、日常的にこまめな整備を行なっているクルマであれば話は別。

例え年式の古い低年式…もしくは走行距離の多い過走行とマイナス要素が重なっても、想像以上の高値で成約に至ることは珍しくありません。

関連記事:「賭けかお宝か?過走行車を購入する注意点など」

…だから買取サービスを利用しよう!…と、安易にセールストークするわけではなく、こういった取引結果は手軽に確認することができます。

下取り0円は市場価値がないと自分の中で判断しないこと。

まずは買取相場がチェックできるサイトを確認してみれば、自分と同じようなクルマでも意外な買取金額が付いているクルマが見つかり、それがサービス選びのきっかけになるかもしれません。

売却実績掲載中!ユーカーパックの公式サイトはこちら

…今回は数件程度の紹介ですが実例データとなっているので、近しい状態のクルマがあればかなり参考になる箇所もあるのではないかと考えます。

軽自動車で買取サービスを検討する際には、まずはこういった売却実績を参考にしてサービス選びの一手にするのもおすすめです。

関連記事:「電話も査定も1回で競売に!ユーカーパックの流れ&デメリット」

大切な愛車を高く売る!
大切な愛車を高く売る!

2007年に買取査定サービスを開始した「かんたん車査定ガイド」は、2017年9月で利用実績が280万人を突破しました!

サービス情報買取業者情報
買取形式:一括提携業者:42社
利用料金:無料査定依頼:最大10社
入力項目:9項目業者選択:不可
入力目安:45秒対応地域:全国
売却実績①…トヨタ プリウス
年式
2010年
走行距離
6~7万キロ
査定日
2015年9月
+30万円の100万円で売却。
売却実績②…トヨタ ランドクルーザー
年式
2008年
走行距離
5~6万キロ
査定日
2015年7月
+60万円の460万円で売却。

運営会社であるエイチームライフスタイルは東証一部上場のエイチームのグループ会社で、査定申し込み後はすぐに概算査定が提示されます。

厳選な審査をクリアした優良な「JADRI会員のみ」で構成されているため、買取によるトラブルが起こりにくく、2016年4月~2017年3月に行なわれたアンケートでは平均10万円以上も高く売れたことが明らかに!

競売システムで高く売る!
競売システムで高く売る!

独自のオークションシステムで買取サービスを開始したのが「ユーカーパック」。

サービス情報買取業者情報
買取形式:競売業者数:2,000以上
利用料金:無料査定依頼:査定1回
入力項目:7項目業者選択:-
入力目安:30秒対応地域:全国
売却実績①…トヨタ プリウス
年式
2016年
走行距離
9,906km
査定日
2018年2月
+39万円の175.6万円で売却成立。
売却実績②…トヨタ アルファード
年式
2012年
走行距離
34,242km
査定日
2018年6月
+61万円の230万円で売却成立。

電話のやり取り&実査定は1回だけ!独自オークションで買取業者との直接交渉をする必要はなく、売り手が少ない手間で高く売りやすいという革新的なシステムが特長。

(※ 2018年5月の車種別平均入札件数はトヨタ ハイラックスサーフが1位で34.4件、トヨタ アルファードが29.1件、ホンダ ステップワゴンスパーダが29.0件という結果に。)

出張査定手数料、オークション出品料、成約手数料など完全無料で利用できるなどユーザーにありがたいサービス。