後部座席もアウト?シートベルトの違反点数や罰金

後部座席もアウト?シートベルトの違反点数や罰金

うっかりと忘れてしまいがちなシートベルに関するルール。今回はそんなシートベルト違反が適用されるケース、違反点数や罰金について解説します。

シートベルトの違反点数と罰金は?

シートベルトを着用しなかった場合は「座席ベルト装着義務違反」となり、以下のような違反点数の加点と反則金が生じることとなります。

種別点数反則金
大型普通二輪原付
座席ベルト装着義務違反100

シートベルトの装着違反による加点は1点ですが反則金はありません。

2008年6月1日から「全席装着義務」とされていますが、「警察庁のシートベルトに関するページ」にも記載されている通り、後部座席については一般道路であれば未着用であっても加点や反則金はありません。

つまり、後部座席のみを道路別でみてみると…

  • 一般道路…口頭注意など、反則金なし
  • 高速道路…加点1点、反則金なし

…となっており、後部座席でのシートベルト装着違反は道路によって扱いが異なります。

(※ ちなみに「シートベルト違反による減点」と認識されていることもありますが、正しくは「減点」ではなくあくまで「加点」となります。)

いずれ状況によっては罰則が厳しくなる可能性も考えられますが、現状では若干ゆるい扱いとなっています。

ちょっと長くなりますが道路交通法の条文は以下のとおりです。

普通自動車等の運転者の遵守事項
道路交通法 第71条の3  自動車(大型自動二輪車及び普通自動二輪車を除く。以下この条において同じ。)の運転者は、道路運送車両法第三章 及びこれに基づく命令の規定により当該自動車に備えなければならないこととされている座席ベルト(以下「座席ベルト」という。)を装着しないで自動車を運転してはならない。
ただし、疾病のため座席ベルトを装着することが療養上適当でない者が自動車を運転するとき、緊急自動車の運転者が当該緊急自動車を運転するとき、その他政令で定めるやむを得ない理由があるときは、この限りでない。

…要約するとケガや肥満など装着が適当でない場合を除き、全席においてシートベルトを未着用のまま運転してはいけませんよということ。

関連記事:「何が違うの?白切符、青切符、赤切符について」

例外的に違反とならないケース

条文にも記載されいてる「…その他政令で定めるやむを得ない理由があるときは、この限りでない。」というのは…

  • ・ケガ、障害、妊娠などでシートベルトの着用ができない
  • ・著しく座高が高い、または低い、著しく肥満している人
  • ・自動車を後退させるとき

…他にもありますが普通自動車の運転と関係するのは主にこの3つ。

ケガ

ケガ

ケガは当然ケガの具合にもよりますが、シートベルトを締めることでケガに悪影響を与えるかどうかを基本に判断することが必要となります。

シートベルトの着用と関係ないようなケガでは免除対象にはならないでしょう。

座席ベルト及び幼児用補助装置に係る義務の免除
道路交通法施行令 第26条の3の2 第1項 第1号 負傷若しくは障害のため又は妊娠中であることにより座席ベルトを装着することが療養上又は健康保持上適当でない者が自動車を運転するとき。

妊娠

妊婦が全て免除となるわけではなく、あくまで「健康保持上適当でない者」に該当する場合のみとなっているので誤解のないように。

シートベルトを装着しない場合の致死率は、統計でも数十倍に高まることが明らかにされており、未装着による危険性の高さも理解しておくことがすすめられます。

妊婦ならではのシートベルトの装着方法や、サポートアイテムによって使用感を改善する方法もあるので、詳しくは「不要は誤解!妊婦のシートベルトの使い方など」を参考に。

身長や肥満

法的に具体的な数値が規定されているわけではありませんが、著しい座高の高さや低さ、著しい肥満も例外に該当します。

座席ベルト及び幼児用補助装置に係る義務の免除
道路交通法施行令 第26条の3の2 第1項 第2号 著しく座高が高いか又は低いこと、著しく肥満していることその他の身体の状態により適切に座席ベルトを装着することができない者が自動車を運転するとき。

おおよそシートベルトの着用が無理なのでは?と判断されれば免除と、ややグレーゾーン気味なルールになっています。

著しい座高の高低については、交通事故時の衝撃でシートベルトが首を締めつけたり、内臓を痛めるなど正しい位置に装着できない場合はかえって危険性が高まります。

特に小さな子供に関してはチャイルドシートを利用することがすすめられます。

非着用時の過失割合は不利に?

非着用時の過失割合は不利に?

交通事故時に損害賠償金額に影響するのが過失割合。

その過失割合にシートベルトの未着用は関係してきます。

…とはいえ、シートベルトを未着用であれば全て過失が認められるという単純なものではなく、「座席ベルト装着義務違反」により事故の損害を拡大させることにつながったと認められた場合に過失割合がプラスされます。

過去の判例においても10%前後の影響があると考えていいと思います。

「過失割合のため」では目的違いではありますが、シートベルトを着用しないということはこうしたデメリットも含まれます。

シートベルト非着用時の危険性

実際の事故やいくつもの実験で明らかにされていますが、シートベルトを着用していなかったときの衝撃は、とても人に耐えられるようなものではありません。

例えば車で60km/h程度の速度で走ることは日常的に少なくないことだと思います。

そんな普段走り慣れた速度であっても事故などで衝突したときの衝撃は、おおよそ14m、ビルで言えば5階の高さから地面に落ちるのと同じくらいの衝撃になるといわれています。

しかもそれだけの衝撃なので「車外放出」の危険性も一気に高まります。

統計によるとシートベルト未着用者の致死率は着用者の10倍以上、シートベルト未着用者が車外放出される確率は着用者の20倍以上といわれています。

未着用の致死率はさることながら車外放出の危険性に関しては、認知されていない人も多いのではないかと思います。

車外放出は硬いアスファルトに体をぶつける衝撃もかなりの危険を伴いますが、後続車にはねられる危険性も高まるのです。

シートベルト着用義務の歴史

シートベルトの着用は最初から義務化されていたわけではなく、数回の改正によって現在のような規則になっています。

最初にシートベルトの着用に関して導入されたのが1971年(昭和46年)6月2日で、当時は努力義務、つまりは「するように努める」程度の規則でした。

1985年(昭和60年)9月1日施行時には高速道路で前席(運転席、助手席)について義務化され、1992年(平成4年)11月1日から一般道路でも義務化が開始されました。

そして、2008年6月1日から後部座席も努力義務ではなく義務とされたのです。

こうした経緯があったためか記憶が曖昧になっている人も多く、なかにはいまだに「後部座席のシートベルト着用は高速道路だけ」と覚えている人もいるようです。

チャイルドシートとシートベルト

「いくつまでがチャイルドシートでいくつからがシートベルト?」

…と悩む人も多いようですね。

チャイルドシートの違反(幼児用補助装置使用義務違反)となるのは、6歳未満の子供を対象としているので、0~5歳の子供にチャイルドシートが必要ということです。

年齢的には6歳以上の子供はチャイルドシートが不要となり、それからはシートベルトを使用することが義務となるわけです。

関連記事:「徹底解説…チャイルドシートの義務違反と点数・法律と罰則」

ただし、シートベルトが想定している身長要件は135~140cm以上といわれており、著しく座高が低い、つまり身長が満たない場合は交通事故時にシートベルトが首を締め付けるなどの可能性もあるため、年齢だけで判断するのはすすめられません。

2015年の学校保健統計に掲載されている平均身長によると…

種別男子女子
6歳116.5115.5
7歳122.5121.5
8歳128.1127.3
9歳133.5133.4
10歳138.9140.1

(出典 学校保健統計調査 文部科学省)

…となっており、平均身長を参考にするなら10歳程度までチャイルドシートを使用し、11歳前後からシートベルトに切り替えるというのがいいようです。

チャイルドシートは年齢に合わせたものや幅広い年齢をカバーした兼用タイプなどがあり、児童用になると10歳程度まで使用できるタイプもあります。

関連記事:「子供の数え方とは?軽自動車の定員オーバーと反則金」

シートベルト着用に関するデータ

シートベルトの着用状況を調査した資料があるのでご紹介。

調査の内容は一般道路と高速道路等において、運転席、助手席、後部座席と座席ごとに分けて着用状況を確認したものです。

2005年から2015年までの年別一覧と2015年の都道府県別一覧になります。

年別一般道路
(高速道路等)
運転席助手席後部席
2005年92.4%
(97.7%)
80.3%
(92.1%)
8.1%
(9.8%)
2006年93.8%
(98.2%)
83.4%
(93.0%)
7.5%
(12.7%)
2007年95.0%
(98.5%)
86.3%
(93.5%)
8.8%
(13.5%)
2008年95.9%
(99.0%)
89.2%
(96.4%)
30.8%
(62.5%)
2009年96.6%
(99.2%)
90.8%
(96.9%)
33.5%
(63.4%)
2010年97.3%
(99.2%)
92.2%
(97.0%)
33.1%
(63.7%)
2011年97.5%
(99.3%)
92.7%
(97.3%)
33.2%
(63.5%)
2012年97.7%
(99.5%)
93.2%
(97.7%)
33.2%
(65.4%)
2013年98.0%
(99.4%)
93.9%
(97.9%)
35.1%
(68.2%)
2014年98.2%
(99.5%)
93.9%
(98.1%)
35.1%
(70.3%)
2015年98.4%
(99.4%)
94.6%
(98.0%)
35.1%
(71.3%)
北海道
東北地方
一般道路
(高速道路等)
運転席助手席後部席
北海道97.9%
(99.8%)
95.8%
(99.8%)
44.3%
(86.3%)
青森99.3%
(100%)
97.0%
(99.5%)
36.0%
(94.0%)
岩手99.6%
(99.9%)
97.6%
(99.6%)
34.3%
(84.8%)
宮城99.4%
(100%)
97.9%
(100%)
31.7%
(90.9%)
秋田99.3%
(99.9%)
94.8%
(99.5%)
33.3%
(93.6%)
山形99.3%
(99.8%)
97.1%
(100%)
33.8%
(81.8%)
福島98.4%
(99.9%)
91.0%
(97.8%)
44.4%
(78.0%)
関東地方一般道路
(高速道路等)
運転席助手席後部席
茨城98.1%
(99.0%)
93.2%
(98.9%)
31.9%
(78.0%)
栃木98.9%
(99.6%)
96.4%
(98.5%)
41.4%
(77.9%)
群馬97.3%
(99.8%)
94.6%
(97.4%)
41.7%
(69.2%)
埼玉98.5%
(99.2%)
92.9%
(95.7%)
48.9%
(84.6%)
千葉98.1%
(99.7%)
95.7%
(99.4%)
32.6%
(80.3%)
東京98.8%
(99.3%)
95.5%
(98.2%)
28.8%
(66.0%)
神奈川98.9%
(98.7%)
96.7%
(96.8%)
34.6%
(69.4%)
中部地方一般道路
(高速道路等)
運転席助手席後部席
新潟98.1%
(99.5%)
93.9%
(98.8%)
42.8%
(56.3%)
富山98.2%
(99.1%)
88.0%
(97.4%)
31.8%
(64.0%)
石川98.0%
(99.7%)
93.4%
(98.6%)
36.7%
(78.8%)
福井97.7%
(99.1%)
93.0%
(97.1%)
17.2%
(40.8%)
山梨98.8%
(99.9%)
93.7%
(98.1%)
36.0%
(58.0%)
長野98.8%
(99.7%)
93.4%
(98.2%)
31.9%
(79.0%)
岐阜98.3%
(98.8%)
94.3%
(97.3%)
50.5%
(69.7%)
静岡98.2%
(99.3%)
94.5%
(97.0%)
41.2%
(65.7%)
愛知97.5%
(98.2%)
94.5%
(95.6%)
43.1%
(52.0%)
近畿地方一般道路
(高速道路等)
運転席助手席後部席
三重96.6%
(99.1%)
91.6%
(98.1%)
27.1%
(67.6%)
滋賀97.8%
(99.3%)
94.4%
(99.5%)
43.5%
(80.4%)
京都98.5%
(99.7%)
93.6%
(96.9%)
27.7%
(71.4%)
大阪96.6%
(99.1%)
93.3%
(94.2%)
31.1%
(76.0%)
兵庫98.0%
(99.2%)
93.2%
(97.2%)
41.1%
(61.4%)
奈良99.1%
(99.4%)
96.4%
(96.9%)
23.2%
(55.9%)
和歌山98.2%
(99.5%)
95.4%
(97.6%)
35.3%
(78.4%)
中国地方一般道路
(高速道路等)
運転席助手席後部席
鳥取98.6%
(99.6%)
96.0%
(99.0%)
51.1%
(76.8%)
島根99.7%
(99.4%)
96.7%
(99.1%)
33.5%
(70.5%)
岡山98.0%
(99.8%)
90.3%
(98.4%)
43.9%
(74.4%)
広島98.7%
(99.5%)
95.7%
(98.4%)
29.4%
(60.8%)
山口99.5%
(100%)
98.2%
(98.8%)
35.5%
(53.4%)
四国地方一般道路(高速道路等)
運転席助手席後部席
徳島98.4%
(98.6%)
91.5%
(95.4%)
34.1%
(69.2%)
香川97.6%
(98.7%)
92.7%
(97.5%)
39.1%
(70.8%)
愛媛98.4%
(98.6%)
93.1%
(98.8%)
34.0%
(77.2%)
高知98.4%
(99.6%)
94.4%
(100%)
26.0%
(82.9%)
九州地方一般道路
(高速道路等)
運転席助手席後部席
福岡97.4%
(100%)
93.2%
(99.2%)
41.1%
(80.8%)
佐賀98.4%
(99.6%)
95.1%
(98.8%)
27.0%
(52.8%)
長崎99.6%
(100%)
98.0%
(98.8%)
32.4%
(66.0%)
熊本98.6%
(99.6%)
90.5%
(98.7%)
40.1%
(65.2%)
大分98.5%
(100%)
96.0%
(97.8%)
27.2%
(82.0%)
宮崎99.4%
(100%)
96.9%
(99.4%)
20.3%
(76.0%)
鹿児島98.9%
(100%)
97.2%
(99.0%)
23.4%
(58.8%)
沖縄97.4%
(98.1%)
92.1%
(95.5%)
24.2%
(40.8%)

(出典 シートベルトの着用状況 警察庁)

まず年別についてですが、法改正によるシートベルトの義務化とは関係なく、運転席と助手席の着用率はほぼ年々上昇しているのがわかります。

法改正以前は後部座席での着用率はかなり低い状態でしたが、義務化された2008年以降は着用率が一気に上昇しています。

特に高速道路では年々着用率が上昇し、2014年には7割を超える人が着用するようになっており、意識の浸透が広まっているようです。

しかし、一般道路については加点や反則金がないこともあってか、着用率の上昇があまり良くない状況であり、2013年からは2015年まで35.1%と横ばいに。

法改正から5年以上経過していますが、この結果からも明らかなように着用の重要性が認知されていないと言わざるを得ないでしょう。

法律を守るためではなく命を守るためにも、重要性を認識してシートベルトを着用することがすすめられます。

関連記事:「まとめ!交通違反点数と反則金の一覧」

大切な愛車を高く売る!
大切な愛車を高く売る!

2007年に買取査定サービスを開始した「かんたん車査定ガイド」は、2017年9月で利用実績が280万人を突破しました!

サービス情報買取業者情報
買取形式:一括提携業者:42社
利用料金:無料査定依頼:最大10社
入力項目:9項目業者選択:不可
入力目安:45秒対応地域:全国
売却実績①…トヨタ プリウス
年式
2010年
走行距離
6~7万キロ
査定日
2015年9月
+30万円の100万円で売却。
売却実績②…トヨタ ランドクルーザー
年式
2008年
走行距離
5~6万キロ
査定日
2015年7月
+60万円の460万円で売却。

運営会社であるエイチームライフスタイルは東証一部上場のエイチームのグループ会社で、査定申し込み後はすぐに概算査定が提示されます。

厳選な審査をクリアした優良な「JADRI会員のみ」で構成されているため、買取によるトラブルが起こりにくく、2016年4月~2017年3月に行なわれたアンケートでは平均10万円以上も高く売れたことが明らかに!

競売システムで高く売る!
競売システムで高く売る!

独自のオークションシステムで買取サービスを開始したのが「ユーカーパック」。

サービス情報買取業者情報
買取形式:競売業者数:2,000以上
利用料金:無料査定依頼:査定1回
入力項目:7項目業者選択:-
入力目安:30秒対応地域:全国
売却実績①…トヨタ プリウス
年式
2016年
走行距離
9,906km
査定日
2018年2月
+39万円の175.6万円で売却成立。
売却実績②…トヨタ アルファード
年式
2012年
走行距離
34,242km
査定日
2018年6月
+61万円の230万円で売却成立。

電話のやり取り&実査定は1回だけ!独自オークションで買取業者との直接交渉をする必要はなく、売り手が少ない手間で高く売りやすいという革新的なシステムが特長。

(※ 2018年5月の車種別平均入札件数はトヨタ ハイラックスサーフが1位で34.4件、トヨタ アルファードが29.1件、ホンダ ステップワゴンスパーダが29.0件という結果に。)

出張査定手数料、オークション出品料、成約手数料など完全無料で利用できるなどユーザーにありがたいサービス。