どう書くの?運転免許を履歴書に書くときのまとめ

どう書くの?運転免許を履歴書に書くときのまとめ

履歴書の作成時に引っかかることも多い運転免許の記載方法。

履歴書には正式名称での記載が基本となっていますが、いざ記載しようと思っても免許証には記載されていませんし、何が正式なのかはっきりとわかる書類がありません。

そんな運転免許の記載に関するいろいろ。

運転免許の記載方法まとめ

まず結論からいうと一般的な普通自動車の免許であれば…

「平成○年○月 普通自動車第一種運転免許 取得」

…これで問題ありません。

「第一種って何だっけ?」と思われるかもしれませんが、運転免許は第一種と第二種の2種類に分類されます。

第二種は旅客運送、いわゆる営業運転でお客様を乗車させ運賃を頂く場合に必要な資格であり、第一種がそうでない通常運転に必要な資格となります。

あと記載例として…

「平成○年○月 普通自動車免許 取得」

…という記載でも良いとする意見もありますが、資格欄は正式名称とするのが基本となっています。

記載しなくても通常わかるものではありますが、自分以外の履歴書と比較してどういう印象を受けるか?と考えたら、丸ごと全部記載しておくほうが悪目立ちしないかなと。

あとは普通自動車以外の記載例が以下の通りです。

運転免許記載例
中型自動車第一種運転免許
大型自動車第一種運転免許
大型特殊自動車第一種運転免許
牽引自動車第一種運転免許
原動機付自転車
普通自動二輪車
大型自動二輪車

…「こうでもいいの?」と色々な記載方法を試したくなるかもですが、ここは周りと違う目立ち方をする必要のないところなので、周りと同じ無難な書き方に重点を置くのが良いかと。

AT限定の場合の記載方法

基本的に記載する必要はありませんが、車を主に使用する業種、MT車を使うことが多いなどがわかっている場合は逆に記載することが必須となってきます。

記載方法は…

「平成○年○月 普通自動車第一種運転免許(AT限定) 取得」

…となります。

ATはオートマチック・トランスミッションの略称ですが、免許証にも印字される名称なのでAT限定とそのまま使用しても問題ありません。

また、MT車の場合はあえて記載する必要はありません。

関連記事:「限定解除!AT免許からMT免許へ変更する方法」

普通免許のつもりが中型免許?

普通免許のつもりが中型免許?

免許の取得時は普通免許であっても中型免許になっている場合もあります。

普通免許の取得が2007年6月1日以前の場合は、中型車の8tまでが運転可能となっているため、その記載方法は…

「平成○年○月 中型自動車第一種運転免許(8t限定) 取得」

…となります。

「普通自動車(現、中型車8t限定)第一種運転免許」という記載方法もなしではありませんが、一般的にわかりやすくて視認しやすい上記で問題ないかと思います。

ごちゃごちゃさせないことも大事かと。

ちなみに、2007年6月2日~2017年3月11日までの取得は、「普通自動車第一種運転免許」のままですが、2017年3月12日以降は自動的に「準中型自動車第一種運転免許(5t限定)」に変わりますので覚えておきましょう。

関連記事:「2t?3t?普通免許で運転できるトラックとは?」

免許の取得年月日について

免許の取得年月日を忘れた場合は免許証から確認することができます。

免許証の左下には上から順に「番号」、「二・小・原」、「他」、「二種」という4つの項目があります。

二・小・原普通自動二輪、大型自動二輪
小型特殊、原動機付自転車
普通車、中型車などの第一種
二種普通車、中型車などの第二種

該当する項目の最初の取得日のみが印字されます。

一般的に多い普通自動車のみの免許であれば、取得日は「他」の項目になりますので、この項目の日付が普通免許の取得日となります。

取得日のわからない運転免許?

前項目でも触れましたが免許証の取得日は「最初の取得日のみ」が印字されます。

同じ項目で後に取得した免許の取得日は印字されないため、例えば2000年4月1日に普通免許(第一種)を取得した後、2003年6月10日に大型免許(第一種)を取得しても、「他」の項目に印字される取得日は2000年4月1日のみとなります。

例えのように大型免許の取得日が必要だけどわからないという場合は、免許センターに確認するしかありません。

電話で教えてもらうことができないため、事前に連絡を入れておき、あとは直接免許センターで教えてもらう形になります。

…とはいえ、全てのデータが残っているわけではないようなので、あやふやな場合は早めに確認しておいたほうがいいでしょう。

こうならないためにもメモやパソコンなどを使って各自記録を保管しておきましょう。

ちなみに、「運転免許経歴証明書」という書類を発行しても、判明するのは最初の取得日だけです。今回のようなケースでは意味がないので注意しておきましょう。

関連記事:「悪用に注意!?免許証の紛失と再交付について」

免許を失効したことがある場合

免許を失効したことがある場合

免許を失効したことがある場合は、最初に取得した日ではなく「再取得した日」が記載されるため注意しておきましょう。

再取得している場合は、ここの取得日が印字される項目から最初の取得日はわからなくなってしまいます。

ただし、最初の取得年だけなら免許証から確認する方法もあります。

免許証左下の4つの項目のうち「番号」についてですが、この12桁の番号の最初の2桁(1桁目と2桁目)は都道府県、次の2桁(3桁目と4桁目)が西暦の数字をあらわしています。

都道府県は東京なら30、神奈川なら45、大阪なら62といった感じで、1998年なら98、2016年なら16といった感じで表記されます。

例えば2016年に神奈川で取得したなら4516となります。

どうしても月がわからないという場合は、前項目でも触れたとおり免許センターに確認するしかないでしょう。

失効した場合の免許の取得日

よくある質問のひとつに「免許を失効して再取得したけど、最初の取得日を記載してもいいの?」というものです。

失効とは完全に効力を失うことで、再取得は学科や実技を免除されて再取得できるという特別措置によるものです。

「最初の取得日でいいのでは?」とする意見もありますが、正しくは再取得した日がここでいう取得日であり、失効した免許の日付は関係なくなります。

…あと、つながりは大げさですが履歴書に虚偽の記載をした場合の話。

履歴書に虚偽の記載をすると「私文書偽装罪」にあたるのでは?と考える人もいますが、作成権限をもつ自身の履歴を自身で虚偽作成してもこれにはあたりません。

ただし、採用前に発覚すれば虚偽による不採用、採用後に発覚すれば経歴詐称による解雇も可能になるため、突然解雇されても文句は言えない状況に。

過去の判例では「その会社にとって重要な事項を偽ったこと」が、経歴詐称として解雇事由に該当すると判断されたこともあります。

免許の取得日でここまで発展するケースはほとんどないと思いますが、履歴書は正しく記載することを心掛けるようにしましょう。

西暦と和暦を変換する早見表

西暦と和暦を変換する早見表

免許の取得日を記載する際に注意しておきたいのが西暦と和暦。

基本的なルールとしてはどちらでも良いとされていますが、一枚の履歴書の中で西暦と和暦が混在しないよう統一するのが基本となります。

早見表の閲覧も簡単ですが簡単に覚える方法もご紹介。

西暦から平成に変換するときは12を足し、西暦から昭和に変換するときは25を引くという方法です。

例えば、2016年に12を足せば平成28年、1926年から25を引けば昭和元年(昭和1年)といった感じです。

いざというときにご活用ください。

では、以下の一覧が西暦和暦変換の早見表になります。

西暦=和暦(平成)
2021年=33年2010年=22年1999年=11年
2020年=32年2009年=21年1998年=10年
2019年=31年2008年=20年1997年=9年
2018年=30年2007年=19年1996年=8年
2017年=29年2006年=18年1995年=7年
2016年=28年2005年=17年1994年=6年
2015年=27年2004年=16年1993年=5年
2014年=26年2003年=15年1992年=4年
2013年=25年2002年=14年1991年=3年
2012年=24年2001年=13年1990年=2年
2011年=23年2000年=12年1989年=元年
西暦=和暦(昭和)
1988年=63年1965年=40年1942年=17年
1987年=62年1964年=39年1941年=16年
1986年=61年1963年=38年1940年=15年
1985年=60年1962年=37年1939年=14年
1984年=59年1961年=36年1938年=13年
1983年=58年1960年=35年1937年=12年
1982年=57年1959年=34年1936年=11年
1981年=56年1958年=33年1935年=10年
1980年=55年1957年=32年1934年=9年
1979年=54年1956年=31年1933年=8年
1978年=53年1955年=30年1932年=7年
1977年=52年1954年=29年1931年=6年
1976年=51年1953年=28年1930年=5年
1975年=50年1952年=27年1929年=4年
1974年=49年1951年=26年1928年=3年
1973年=48年1950年=25年1927年=2年
1972年=47年1949年=24年1926年=元年
1971年=46年1948年=23年
1970年=45年1947年=22年
1969年=44年1946年=21年
1968年=43年1945年=20年
1967年=42年1944年=19年
1966年=41年1943年=18年

…これは予備知識になりますが、混同されがちな西暦と和暦と年号について。

まず、年号とは一般的には広義の意味で「和暦=年号」とされています。

…なので西暦と年号は違うもの。

厳密にいうと平成が元号、年数が年号といわれていますが、そこまで言及されることも覚える必要もないでしょうから、一般的な「和暦=年号」と覚えて問題ないかと。

関連記事:「優良運転者!ゴールド免許の条件と特典について」

大切な愛車を高く売る!
大切な愛車を高く売る!

2007年に買取査定サービスを開始した「かんたん車査定ガイド」は、2017年9月で利用実績が280万人を突破しました!

サービス情報買取業者情報
買取形式:一括提携業者:42社
利用料金:無料査定依頼:最大10社
入力項目:9項目業者選択:不可
入力目安:45秒対応地域:全国
売却実績①…トヨタ プリウス
年式
2010年
走行距離
6~7万キロ
査定日
2015年9月
+30万円の100万円で売却。
売却実績②…トヨタ ランドクルーザー
年式
2008年
走行距離
5~6万キロ
査定日
2015年7月
+60万円の460万円で売却。

運営会社であるエイチームライフスタイルは東証一部上場のエイチームのグループ会社で、査定申し込み後はすぐに概算査定が提示されます。

厳選な審査をクリアした優良な「JADRI会員のみ」で構成されているため、買取によるトラブルが起こりにくく、2016年4月~2017年3月に行なわれたアンケートでは平均10万円以上も高く売れたことが明らかに!

競売システムで高く売る!
競売システムで高く売る!

独自のオークションシステムで買取サービスを開始したのが「ユーカーパック」。

サービス情報買取業者情報
買取形式:競売業者数:2,000以上
利用料金:無料査定依頼:査定1回
入力項目:7項目業者選択:-
入力目安:30秒対応地域:全国
売却実績①…トヨタ プリウス
年式
2016年
走行距離
9,906km
査定日
2018年2月
+39万円の175.6万円で売却成立。
売却実績②…トヨタ アルファード
年式
2012年
走行距離
34,242km
査定日
2018年6月
+61万円の230万円で売却成立。

電話のやり取り&実査定は1回だけ!独自オークションで買取業者との直接交渉をする必要はなく、売り手が少ない手間で高く売りやすいという革新的なシステムが特長。

(※ 2018年5月の車種別平均入札件数はトヨタ ハイラックスサーフが1位で34.4件、トヨタ アルファードが29.1件、ホンダ ステップワゴンスパーダが29.0件という結果に。)

出張査定手数料、オークション出品料、成約手数料など完全無料で利用できるなどユーザーにありがたいサービス。