使い方次第!カーシェアリングの月額無料プラン

使い方次第!カーシェアリングの月額無料プラン

以前よりカーシェアリングサービスを提供する事業者も増えており、どのサービスを利用するか悩む人も増えつつあるはず…。

そんなときにコストを重視なら特に気になるのが「月額無料プラン」。

無料というワードが付与されるだけで魅力的なプランに思えますが、カーシェアリング大手の月額無料プランには共通の落とし穴もあるのでご注意!

カーシェアリングの月額無料プラン

カーシェアサービスを提供する大手の料金プランを見ると、月額無料の料金プランにはメリット・デメリットについて共通する点があります。

まず、月額無料プランの選択が可能なのは大手ではdカーシェア、オリックスカーシェア、カレコの3社があります。

大手で唯一全国展開を達成したタイムズカープラスは、今のところ月額有料プランのみとなっているので残念ながら今回の話からは外しています。

dカーシェアは月額無料プランのみの提供となっているので、利用先さえ決めれば料金プランで迷うことなしのシンプルな感じに。

オリックスカーシェアとカレコはどちらも月額無料プランと月額有料プランの両方を提供しており、個人の使い方に合わせた選び方があったりします。

コスト重視で考えると「無料に越したことはない!」…と思うかもしれませんが、使い方次第では有料プランの方がお得になるケースも少なくありません。

次の項目ではその部分についてさらに詳しく解説していきたいと思います。

月額無料プランは利用料金が高め?

月額無料プランと月額有料プランの違い…それはずばり「利用料金(時間料金や距離料金)」が違ってくること。

月額無料プランは毎月の維持費用を気にする必要がないというメリットの代わりに、サービスを利用した際の利用料金が有料プランより若干高めの設定となっています。

例えばカレコのベーシックプラン(月額有料プラン)で、コンパクトクラスの車を利用すると30分(最低利用時間)で390円、1時間で780円、6時間パックなら3,800円となります。

カレコの月額無料プランでは同じコンパクトクラスの車でも30分で480円、1時間で960円、6時間パックで4,600円とおおよそ2割ほど高くなっています。

(※ カレコでは2割程度ですが、オリックスカーシェアでは5割ほど高い。)

これは月額無料プランと月額有料プランの大きな違いのひとつになりますが、これだけでも両者を比較する重要なポイントになるでしょう。

月額無料プランには無料分がない!

月額無料プランと月額有料プランの違いのもうひとつ、それは月額有料プランには「無料利用分」という値引きサービスがあります。

各社の具体的な月額料金と無料利用分をまとめた一覧は以下のとおり。

種別オリックス
カーシェア
カレコ
月額980円980円
無料分980円980円

例えばカレコの月額有料プランはベーシックプランと平日プランの2つから選択できますが、いずれのプランも月額980円となっています。

そしてその月額と同額の980円が無料利用分として付与されます。

この無料利用分というのは、利用料金(時間料金や距離料金)に対して使用することができ、無料利用分を使った分だけ支払金額を減らすことができます。

例えで試算してみると?

せっかくなので一例を参考程度に試算してみたのでご覧ください。

例えば1ヶ月でベーシックプランのコンパクトクラスを合計3時間利用した場合、月額980円+2,340円(130円×6×3時間)-無料分980円=2,340円となります。

月額と同額分である980円を値引くことができるため、無料分である980円以上を利用すれば、実質的に月額分は無料になるというのが大きな特長。

…つまり、もともとの料金設定の違いと無料利用分により、毎月一定額以上をコンスタントに利用するなら、月額無料プランよりも月額有料プランの方がお得になります。

無料利用分で注意すること

月額有料プランの利便性を高めている無料利用分ですが、注意すべき点としてはあくまで対象は時間料金や距離料金といった利用料金に使えるということ。

利用できる対象が決まっており月額料金そのものには使用できません。

…例えば1ヶ月でベーシックプランのコンパクトクラスを合計1時間利用した場合、月額980円+780円(130円×6)-無料分780円=980円となります。

このように無料分は利用料金の780円分までしか利用できないため、残り分は繰り越しされることもなく消失し、月額である980円だけが請求されることになります。

つまり、どんなに利用が少なくても最低月額料金以上の支払は発生するというのが、月額有料プランの基本的な仕組みになるというわけです。

それでも毎月の利用が多いのであれば無料利用分をフルに活用できるので、コスト重視の人でも月額有料プランの方がお得になる場合もあります。

この点については自身の使い方次第ですね。

大手各社の月額無料プランを比較

dカーシェア(月額無料プランのみ)、オリックスカーシェア(個人Bプラン)、カレコ(月会費無料プラン)が比較の対象になります。

種別dカー
シェア
オリックス
カーシェア
カレコ
通常料金220円
(15分毎)
300円
(15分毎)
160円
(10分毎)
例えば1時間880円1,200円960円
6時間パック4,200円5,250円4,600円
12時間パック6,500円6,750円6,400円
24時間パック8,000円9,000円8,300円
夜間パック2,500円2,500円3,100円
距離料金15円/km15円/km18円/km
NOC補償無料なし324円

別記事の「料金比較!カーシェアリング4社の最安料金とは?」でも比較しているように、月額有料プランでは低価格設定が光っていったカレコですが、月額無料プランでは他者と比較しても特別安くないというのが残念なところ。

また、月額有料プランでは16円/kmだった距離料金が、月額無料プランでは18円/kmになってしまうのも重ね重ね残念。

オリックスカーシェアは業務提携しているdカーシェアが全体的にお得になっているので、月額無料プランを利用するならdカーシェアから契約するのがおすすめです。

(※ dカーシェアとオリックスカーシェアは業務提携しており、dカーシェアで契約した場合はオリックスカーシェアの車両をdカーシェアの料金プランで利用することになります。)

月額無料プランと補償制度の話

レンタカーでも一般的な「免責補償制度」や「NOC補償制度」について。

(※ 詳しくは「自動車保険の免責とは?免責事項や免責金額の解説」「万が一の補償に!カーシェアリングの保険の特徴」をご覧ください。)

ここでは簡単に解説すると免責は自己負担分、NOCは休業補償のこと。

例えばレンタカーでは免責5万円と設定されていることが多く、事故などで10万円の損害が生じれば、ユーザーは5万円を負担することになります。

加えてその車の休業補償として2万円などのNOCもユーザー負担に。

しかし、それぞれ免責補償制度、NOC補償制度に加入すれば、事故が生じた場合でもこういった費用を負担する必要がなくなる…というのが補償制度の概要です。

保険のような性質を持つので事故の不安を考えると加入しておきたいところですが、レンタカーではコスパがあまり良くないので加入には賛否が分かれるところでもあります。

関連記事:「本当に必要?レンタカーの免責補償制度についての考察」

…カーシェアの月額無料プランはその性質上、「運転は時々」という人は多くなりますが、運転しない期間が多くなるほどやはり事故の不安もあります。

カーシェア大手は免責補償制度が無料付帯(最初から0円)となっており、その中でもdカーシェアは「NOC補償制度も無料付帯」となっています。

(※ カレコ、タイムズカープラスのNOC補償制度加入料金は約300円。)

つまり、月額無料プランを「毎月は運転しないけどたまに必要」という理由でセレクトした場合、補償制度が無料付帯となっているdカーシェアが便利というわけです。

dカーシェアは展開しているエリアがあまり多くないので使える地域は限定されますが、利用可能な地域であれば一考の価値ありではないかと。

関連記事:「ドコモのdカーシェア…特長や使い勝手など」

月額無料プランの活用方法について

これで最後になりますがここでは月額無料プランの活用方法について。

ストレートに考えるとたまに使う人向けということで先にそういった解説をしましたが、月額無料プランの活用方法は他にもあります。

…まずはいわゆるセカンドカーとしての使い方。

使いたいステーション(シェア専用車両が設置してある駐車場のこと)に使いたい車種があることが前提なので、事前に車種のチェックをしておく必要はありますが、条件さえ合えば実用性ではなく趣味用としてドライブを楽しむ選択肢が増えますね。

近頃では実用性重視の車が注目されがちですが、実用性よりも走行性能などを重視し、走りを楽しむための使い方とカーシェアは相性がいいです。

…続いては家族旅行で使う車として。

長距離でのコストに不安のあるカーシェアですが、ミニバンならそこそこの長距離でも格安レンタカーよりお得に使えるので、ちょっとした旅行では十分選択肢になります。

料金について気になるのであれば「カーシェアvsレンタカー…車種別&距離別の料金比較」にて色々と比較しているので、よければそちらを参考にしてみてください。

…他にも2枚持ち3枚持ちといった複数枚利用のサブとして。

地域によっては複数のステーションからサービスを選択することも可能です。

ステーションに設置された車種の選択肢が増えること、予約によりメインのステーションが使えない場合など、月額無料であることを活かしたサブの1枚として使えます。

関連記事:「料金比較!カーシェアリング4社の最安料金とは?」

会員数No.1のタイムズカープラス!
会員数No.1のタイムズカープラス!

2017年9月に業界初の全国展開を達成しており、利用可能な地域が最も多いため、国内旅行に適したカーシェアといえるでしょう。

また、2018年7月には単独で会員数100万人を突破したことが発表され、カーシェア業界では圧倒的なシェアを獲得しています。

サービス情報その他の情報
対応地域:全国最短利用:15分~
車種:30車種以上予約単位:15分毎
通常料金:最安206円給油割引:15分相当
ポイント:100円で1P学生プラン:あり

最短15分で15分毎の料金は206円。パック料金は全車種共通となっており、料金プランはとってもシンプルなのが特長。

3種類の夜間パックは使い勝手が良く、24時間利用可能というカーシェアのメリットとの相性もいい感じです。

ステーション数は1万箇所を超えていますが、毎月の新規オープンや増車の数は多く、利用できる地域は今後もさらに増えていくことが期待されます。

関連記事:「料金比較!カーシェアリング4社の最安料金とは?」

低コスト&車種の多さが魅力!

カーシェア大手のひとつですが展開は東京23区を中心としているため、利用できる地域が限定されてしまうのがやや難点。

サービス情報その他の情報
対応地域:11都府県最短利用:30分~
車種:60車種以上予約単位:10分毎
通常料金:最安80円給油割引:300円分
ポイント:200円で1P学生プラン:あり

しかし、通常プランでは10分毎130円、平日プランではなんと10分毎80円と圧倒的な格安プランが魅力的。

料金の自動計算で最安適用、夜間パックの6時間返却で距離料金無料、給油割引での金額割引など、とにかく料金面と相性の良い独自サービスが多く、価格重視のユーザーには最もおすすめのカーシェア。

また、取り扱っている車種は60以上と業界でもトップクラスの多さで、レクサスやベンツ、ロードスターなど普段乗れないクルマを楽しめます。

関連記事:「選べる車は60車種以上!カレコの使い勝手や特徴」