いくらが適切?車両保険の免責金額について

いくらが適切?車両保険の免責金額について

車両保険の免責金額は選択肢が多い分悩みがちな項目。免責金額を決めるために必要な知識や考え方を参考資料とともに解説します。

免責金額の基礎知識

まずは基本的な知識として免責金額とは?について。

免責金額とは保険会社が保険金の支払い義務を負わない金額のことで、これに設定された損害額については自分で負担することを意味しています。

(※ 免責の詳細な解説は「自動車保険の免責とは?」にて。)

免責金額を大きくするほど何かあったときの自分の支出も大きくなります。

しかし、免責金額が大きくなるということは、保険会社が負担する保険金の金額は少なくなるため、契約者の支払う保険料を安くすることができるというメリットもあります。

もしもという保険の性質と保険料の支払いのバランスがあるため、車両保険の免責金額を決めかねる人が少なくないというわけです。

免責金額の区分

免責金額の区分は例えば「1回目5万円、2回目以降10万円」といったように、1回目と2回目以降の免責金額が保険会社によってあらかじめ決められています。

上記のような場合だと、車両保険を使った場合の1回目の免責金額は5万円、つまり自分で負担する金額は5万円となりますが、2回目以降は10万円を自分で負担するということを意味しています。

保険会社によって用意されている区分は違いますが、例えば「免責金額なし(1回目も2回目以降も0円)」という補償重視のタイプや、「1回目20万円、2回目以降20万円」などの免責金額を高く設定したタイプなどもあります。

以下は保険会社によって違う免責金額のいくつかをまとめたもの。

免責金額の種類免責の表記免責の内容
免責金額なし0-0円1回目 0円
2回目以降も0円
定額のタイプ5-5万円1回目 5万円
2回目以降 5万円
10-10万円1回目 10万円
2回目以降 10万円
20-20万円1回目 20万円
2回目以降 20万円
増額するタイプ0-10万円1回目 0円
2回目以降 10万円
5-10万円1回目 5万円
2回目以降 10万円

…といったようなものがあります。

また、保険会社によっては上記とは別に「車対車免責ゼロ特約」といった特約も。

これは「①1回目の事故」で「②車対車の事故」という2つの条件が満たされた場合に、もともとの免基金額の設定に関係なく免責金額なしとなり、保険金の支払いがされるという特殊な特約です。

この特約により選択肢にさらに柔軟性が加わるということですね。

選択肢は複数ありますが、大まかに考えると免責金額をなるべく抑えた補償重視タイプ、保険料をなるべく安く抑える自己負担タイプ、それらの間をとった中間タイプという感じで区分することができます。

免責金額の例えと考え方

免責金額の例えと考え方

例えば免責金額10万円に設定した契約車両の修理費用が30万円生じてしまった場合と、同じケースで免責金額なしとしていた場合について。

免責金額なしの場合

免責金額をなしにすると契約者が支払う保険料はその分高くなってしまいますが、補償範囲が厚く1円の損害額からでも保険を使うことが可能になります。

今回のような30万円というちょっと大きな修理費用であっても、突発的な支出をすることなく全額を保険金でカバーすることが可能になります。

貯蓄に不安がある場合でも安心できるというメリットがありますね。

免責金額10万円の場合

修理費用である30万円から自己負担となる免責金額10万円が差し引かれ、残りの20万円に対して保険金が支払われます。

イメージしやすくまとめると以下のような感じになります。

修理費用の金額と内訳
修理費用30万円保険金20万円
自己負担10万円

免責金額の設定を高くする場合は免責金額なしの場合と違い、何かあったときは免責金額分を負担する資金を用意しておく必要がありますね。

…こういったことが免責金額に関係してくる例え話となります。

事故相手がいない場合は話がシンプルなのでわかりやすいかと思いますが、これに事故相手が絡んでくるともうちょっと複雑になってきます。

関連記事:「下取り0円で諦める?事故車も買取推奨の時代へ」

相手がいた場合の免責金額

事故相手がいた場合に深く関係してくるのが過失割合です。

過失割合とは「不注意による過ち」という意味をもつ法律用語で、この割合に応じて加害者と被害者の双方が負担する損害額が決められます。

例えば相手との接触で過失割合が自分40%に対して相手60%、自分の車両の修理費用が20万円となった場合について。

免責金額なしの場合

免責金額なしの場合は相手がいようがいまいが、損害額の全額を保険でカバーできるため、ある意味わかりやすくてシンプルですね。

今回のケースだと過失割合応じて、相手から過失分60%にあたる12万円が支払われ、残りの8万円に対して保険を使うということになります。

修理費用20万円相手(過失60%)自分(過失40%)
12万円保険金8万円

相手がいる場合の事故では、損害額に相手の過失分が関係してくるというのがポイントになるわけです。

免責金額10万円の場合

…上記のケースで免責金額を10万円としていた場合。

相手の過失分60%にあたる12万円が支払われることで、自分の免責金額である10万円に充当され、実際に自分で負担する金額は0円となります。

表にまとめると以下のような感じに。

修理費用20万円相手(過失60%)自分(過失40%)
12万円保険金8万円

…と、結果だけ見ると免責金額なしの場合と変わりませんね。

ここでのポイントは「相手の過失分がまず免責金額に充当される」ということ。つまり、免責金額を設定したからといって、必ず自己負担が生じるわけではないのです。

前項目の例え話よりちょっと複雑になっているかと思いますが、免責金額を設定する際は事故相手がいる可能性も含めて考えておいたほうがいいでしょう。

車対車の事故割合

これは車両保険の免責金額を考えるための参考として。

相手がいた場合のケースについて前項目で触れましたが、では実際にどのくらいの割合で車対車(車両相互)の事故が起こるのでしょうか。

警察庁の統計資料「平成27年中における交通事故の発生状況」によると、2015年中の交通事故件数は536,899件となっており、このうち車対車での事故が465,558件、車両単独での事故は16,236件となっています。

(※ 出典:「平成27年中における交通事故の発生状況」 政府統計の総合窓口

交通事故件数全体からの割合だと車対車は86.7%、車両単独は3.0%という結果になっており、このデータからすると単独よりも車対車の割合が圧倒的に高いですね。

つまり、統計的には相手の過失分が免責金額に充当される確率も高くなるということを意味しています。

もちろんあくまで統計的な数字なので参考程度ということになりますが。

関連記事:「必要か否か?車両保険の特徴や加入率から考える」

保険を使わないという選択

保険を使わないという選択

あと車両保険では特に関係してくるため知っておくべき知識のひとつ。

免責金額の設定を悩みぬいて決定したものの、万が一の場合でも「あえて保険を使わない」という選択肢もあります。

「保険があるのに使わない?」

自動車保険でこれと深くつながりをもつのが等級と事故有等級です。

等級とは?
簡単にいうと等級はその人がもつリスクの高さで、等級が高くなるほど事故リスクが少ないことから保険料が安くなるという優遇措置が受けられます。
事故有等級とは?
事故有等級は保険を使うことで適用される無事故等級より割引率の低い等級で、1等級ダウンなら1年間、3等級ダウンなら3年間といった一定期間に適用されます。

この等級制度により保険を使うほど契約者が支払う保険料は高くなります。

(※ 等級ダウンについては「3等級ダウン、1等級ダウン、ノーカウント事故」にて解説。)

つまり、免責金額の設定に限らず少額な損害で保険を使えば、契約者が支払う保険料が増額し、総合的に計算すると修理費用を上回ってしまう可能性も生じるわけです。

この絶妙なバランスがあるため、あえて保険を使わないという選択肢がポイントになってくることも。

いざというときは保険会社に依頼すればこれを試算してくれるのでご安心。

関連記事:「気になるデータ…任意保険の加入率ってどうなの?」

適切な金額は自分の目的で

車両保険の免責金額をどのくらいにするのが適切なのかについては、まず免責金額に関するシステムの概要を把握することがやっぱり大事!

これを理解しておかないと決めるのはやっぱり難しいと思います。

そして、ここまでに解説してきたことを参考にしつつ、自分が車両保険をどういった目的で利用するかを絞り込んでいきます。

例えば…

免責金額0-0円
万が一の場合でも保険なのだから自分に負担がないようにしたい、補償が万全な方がいい、いざというときの貯蓄に不安があるなどであれば、0-0円(免責金額なし)かこれに近い選択がおすすめとなります。
免責金額10-10万円
多少の自己負担は問題ないので高額な場合の費用対策をしておきたい、車両保険には加入したいけどコストはできるだけ抑えたいなどの場合なら、免責金額10-10万円などの高い金額の設定がすすめられます。

…といった感じで目的に合わせて金額設定がしやすくなるというわけですね。

また、この記事に掲載した統計データにもあるように、交通事故の割合は圧倒的に車対車の事故が多いです。

つまり、免責金額を全額負担するような事故率は統計的には低いということ。これに合わせて免責金額を高くしておくというのもひとつの選択といえるでしょう。

自分が車両保険に求める目的を決めると適切な金額も定めやすくなるかと思います。

関連記事:
「自動車保険が安くなる?年齢条件の設定について」
「保険は使える?車上荒らしに対する補償について」

自動車保険を一括比較!
自動車保険を一括比較!

2000年に自動車保険の一括見積もりを開始した「保険の窓口 インズウェブ」は、東証一部上場のSBIホールディングスが運営しておりその利用者数は900万人を突破!

サービス情報提携会社情報
形式:一括見積もり見積依頼:最大20社
利用料金:無料対応地域:全国
入力目安:最短5分ソニー、アクサなど

実際に初めての一括見積もりで自動車保険料が安くなったという金額は平均30,035円!その中でも5万円以上安くなったという人はなんと約2割も!

(※ 2万円~3万円未満は18%、3万円~5万円未満は23%、5万円以上は19%)

一括見積もりに参加している会社はダイレクト型(通販型)自動車保険業界で好調なソニー損保をはじめ、アクサダイレクト、三井ダイレクト損保など最大20社が対象に。

大切な愛車を高く売る!
大切な愛車を高く売る!

2007年に買取査定サービスを開始した「かんたん車査定ガイド」は、2017年9月で利用実績が280万人を突破しました!

サービス情報買取業者情報
買取形式:一括提携業者:42社
利用料金:無料査定依頼:最大10社
入力項目:9項目業者選択:不可
入力目安:45秒対応地域:全国
売却実績①…トヨタ プリウス
年式
2010年
走行距離
6~7万キロ
査定日
2015年9月
+30万円の100万円で売却。
売却実績②…トヨタ ランドクルーザー
年式
2008年
走行距離
5~6万キロ
査定日
2015年7月
+60万円の460万円で売却。

運営会社であるエイチームライフスタイルは東証一部上場のエイチームのグループ会社で、査定申し込み後はすぐに概算査定が提示されます。

厳選な審査をクリアした優良な「JADRI会員のみ」で構成されているため、買取によるトラブルが起こりにくく、2016年4月~2017年3月に行なわれたアンケートでは平均10万円以上も高く売れたことが明らかに!

関連記事:「JADRI限定!かんたん車査定ガイドの特徴とは?」