2t?3t?普通免許で運転できるトラックとは?

2t?3t?普通免許で運転できるトラックとは?

「普通免許でトラックって運転できるの?何tトラックまで?」

普通免許で運転することが可能なトラックの種類は、実は普通免許を取得した時期によって異なります。

なので、同じ普通免許であの人が乗っているから大丈夫!と思ってしまうと、交通違反となり最悪の場合だと刑事処分の対象になってしまう可能性も。

さらに、2017年3月からは新制度も導入されるため、時期によって運転できるトラックの種類はもうちょっと複雑に。

知らなかった!では済まされない普通免許で運転できるトラックの種類について。

普通免許で運転できるトラックの解説

普通免許で運転できるトラックのサイズは、道路交通法の改正により免許を取得したタイミングで違ってきます。

同じ普通免許でも運転できるトラックのサイズが違うため注意しておきましょう。

簡単にまとめると以下のような感じに。

運転免許取得時期トラックサイズ
中型免許
導入前
2007年
6月1日以前
4tトラックまで
運転可能
中型免許
導入後
2007年
6月2日以降
2tトラックまで
運転可能
準中型免許
導入後
2017年
3月12日以降
2tトラックの
運転は不可

道路交通法が改正され施工されたタイミングで、運転できるトラックのサイズがずいぶん変わってきていますね。

2017年3月12以降からはついに普通免許で2tトラックの運転は不可に。

あと、よく間違われていることについていくつか触れておきます。

2tトラックの2tって何の重さ?

いわゆる2tトラック、4tトラックなどのトラックの前に付いている○tという重量は、車の積載量のことをさしています。

混同しがちですが免許上での8t限定や5t限定というのは積載量ではなく、車両総重量をさしているので間違えないように気をつけましょう。

例えば2007年6月2日以降に取得した免許(5t限定)で可能な2tトラックは、車両総重量が5t未満のものに限り、車両総重量が5tを超える2tトラックは運転できません。

積載量だけではなく車両総重量にも注意が必要となります。

空荷(積載量0t)なら運転OK?

空荷(からに)なら積載量0tなので普通免許でも運転できると思っている人もいますが、積載量に関係なく該当する運転免許を持たない人が運転すれば交通違反です。

荷物を積載しているかどうかは関係ないので注意しておきましょう。

各免許別の車両重量や積載重量などの詳細は次の各項目にて。

中型免許の新設がひとつの目安

中型免許の新設がひとつの目安

普通免許で運転できるトラックについて最初の分かれ目となるのが、中型免許が新設された2007年6月2日より前に免許を取得したかどうかで違ってきます。

種別車両総重量最大積載量乗車定員
普通免許5t未満3t未満10人以下
中型免許
(8t限定)
5t以上、
8t未満
3t以上、
5t未満
10人以下
中型免許5t以上、
11t未満
3t以上、
6.5t未満
11~29人以下
大型免許11t以上6.5t以上30人以上
種別取得条件
普通免許18歳以上
中型免許20歳以上、2年以上の普通免許保有者
大型免許21歳以上、3年以上の普通免許保有者

2007年6月1日以前に普通免許を取得した人は、もともと8t未満の条件で普通免許を取得しているため、免許証の有効期限欄下、免許の条件等に「中型車は中型車(8t)に限る」と記載されます。

また、免許証の中央一番下辺りの種類の欄にも「中型」と記載されます。

2007年6月2日以降に普通免許を取得した人は、条件等に車両を限定する記載はなく、免許証の中央一番下辺りの種類の欄には「普通」と記載されます。

この場合は普通免許で許可されている積載量3t未満の車両までしか運転できませんので、2tトラックの運転は問題ありませんが、4tトラックの運転は違反となります。

関連記事:「限定解除!AT免許からMT免許へ変更する方法」

準中型免許の新設もひとつの目安

普通免許で運転できるトラックサイズのもうひとつの分かれ目となるのが、2017年3月12日より前に普通免許を取得したかどうかになります。

種別車両総重量最大積載量乗車定員
普通免許3.5t未満2t未満10人以下
準中型免許3.5t以上、
7.5t未満
4.5t未満10人以下
中型免許
(8t限定)
8t未満5t未満10人以下
中型免許7.5t以上、
11t未満
6.5t未満29人以下
大型免許11t以上6.5t以上30人以上
種別取得条件
普通免許18歳以上
準中型免許18歳以上
中型免許20歳以上、2年以上の普通免許保有者
大型免許21歳以上、3年以上の普通免許保有者

改正後の普通免許では積載量が「2t未満」となってしまうため、2tトラックの運転は不可となってしまうのです。

ちなみに、改正前に普通免許を取得できれば、改正後は自動的に「5t限定準中型免許」となります。

8t限定のときのように「中型車は中型車(5t)に限る」のような記載となり、従来通り2tトラックまでの運転が可能です。

改正後に準中型免許を取得するには、合計14時間の教習(学科1時間、実技13時間)や適性検査に合格しなければなりません。

関連記事:「運転免許の取得や更新に必要な視力のまとめ」

普通免許でトラック運転の違反とは?

普通免許でトラック運転の違反とは?

上記のような最大積載重量及び車両総重量を確認しないまま、免許の取得をしていない車を運転すれば違反となります。

しかし、どの違反に該当するかはケースによって違います。

特に混同されがちな3つ交通違反を確認しておきましょう。

刑事処分?無免許の可能性

比較的重い処分となる無免許運転に該当する可能性があります。

大型免許を保有していても当然ながら免許停止中、免許取消中、有効期限切れでの運転は無免許運転扱いとなります。

前項目でも触れていますが免許条件等に8t限定といった条件の記載がない場合は、普通免許で重量を超える中型車、大型車を運転すれば無免許運転となります。

違反した場合は以下のような処分があります。

種別点数刑事処分
無免許運転253年以下の懲役又は50万円以下の罰金

違反した場合は25点が加点され加えて刑事処分もあります。

25点だと前歴(行政処分歴)なしでも一発で免許取消処分となります。

ありがちなのは「普通免許なら誰でも同じ?」とか「旧区分で考えている場合」があると思いますので要注意です。

自分が運転できるトラックのサイズは自分でしっかり把握しておきましょう。

関連記事:「まとめ!交通違反点数と反則金の一覧」

大型自動車等無資格運転とは?

ちょっと調べると出てくる違反のひとつ。

文字の感じから該当するのはこれ?と思うかもしれませんが、今回のようなケースではこの違反には該当しません。

大型自動車等無資格運転とは、大型免許の運転資格である21歳以上、免許保有期間通算3年を満たさず運転した場合が該当します。

要は大型免許はあるけど特定の条件(年齢や運転経験)が満たないということ。

現在では大型免許の取得条件そのものが21歳以上、免許保有期間通算3年となっているため、大型免許を保有しているのに条件に満たないということは起こりえません。

以前、2007年6月1日までに取得する大型免許の取得条件が「20歳以上、運転経験2年以上」で、2007年6月2日以降から大型免許の取得条件が「21歳以上、運転経験3年以上」へと変更されたため、改正後すぐに大型免許を運転できなくなるというケースがありました。

これと似たようなケースが他にもありましたが、そういった限られたケースが該当する違反で、現在、一般的にこれに該当する違反はほとんどないと思います。

大型自動車等無資格運転に違反した場合は以下の通り。

種別点数刑事処分
大型自動車等
無資格運転
126ヶ月以下の懲役
又は10万円以下の罰金

行政処分として12点の加点に加え刑事処分となってしまいます。

関連記事:「運転不可?免停の点数と免停期間について」

免許条件違反に該当する?

免許条件を違反することで該当する違反。

これに多く該当するケースが、有効期限欄すぐ下の免許条件等に眼鏡等と記載されているにもかかわらず、眼鏡を装着していなかったというケースです。

他にもAT車限定でMT車を運転した場合もこれに該当します。

あと、起こりがちなケースとして、8t限定中型車免許で限定条件を超える中型車、大型車を運転した場合も無免許運転ではなく免許条件違反に該当します。

違反した場合は以下の通り。

種別点数反則金
大型普通二輪原付
免許条件違反29,0007,0006,0005,000

免許条件違反の加点は2点と反則金の行政処分のみ。

大型自動車等無資格運転や無免許運転に比べると比較的軽い違反となります。

関連記事:「条件は厳守で…免許条件違反の点数と反則金」

大切な愛車を高く売る!
大切な愛車を高く売る!

2007年に買取査定サービスを開始した「かんたん車査定ガイド」は、2017年9月で利用実績が280万人を突破しました!

サービス情報買取業者情報
買取形式:一括提携業者:42社
利用料金:無料査定依頼:最大10社
入力項目:9項目業者選択:不可
入力目安:45秒対応地域:全国
売却実績①…トヨタ プリウス
年式
2010年
走行距離
6~7万キロ
査定日
2015年9月
+30万円の100万円で売却。
売却実績②…トヨタ ランドクルーザー
年式
2008年
走行距離
5~6万キロ
査定日
2015年7月
+60万円の460万円で売却。

運営会社であるエイチームライフスタイルは東証一部上場のエイチームのグループ会社で、査定申し込み後はすぐに概算査定が提示されます。

厳選な審査をクリアした優良な「JADRI会員のみ」で構成されているため、買取によるトラブルが起こりにくく、2016年4月~2017年3月に行なわれたアンケートでは平均10万円以上も高く売れたことが明らかに!

競売システムで高く売る!
競売システムで高く売る!

独自のオークションシステムで買取サービスを開始したのが「ユーカーパック」。

サービス情報買取業者情報
買取形式:競売業者数:2,000以上
利用料金:無料査定依頼:査定1回
入力項目:7項目業者選択:-
入力目安:30秒対応地域:全国
売却実績①…トヨタ プリウス
年式
2016年
走行距離
9,906km
査定日
2018年2月
+39万円の175.6万円で売却成立。
売却実績②…トヨタ アルファード
年式
2012年
走行距離
34,242km
査定日
2018年6月
+61万円の230万円で売却成立。

電話のやり取り&実査定は1回だけ!独自オークションで買取業者との直接交渉をする必要はなく、売り手が少ない手間で高く売りやすいという革新的なシステムが特長。

(※ 2018年5月の車種別平均入札件数はトヨタ ハイラックスサーフが1位で34.4件、トヨタ アルファードが29.1件、ホンダ ステップワゴンスパーダが29.0件という結果に。)

出張査定手数料、オークション出品料、成約手数料など完全無料で利用できるなどユーザーにありがたいサービス。