踏切や標識などでの一時停止や違反のまとめ

踏切や標識などでの一時停止や違反のまとめ

「止まれ」の標識でお馴染みの一時停止。

一時停止に関係の深い道路標識や道路にペイントされた道路標示、停止しなかった場合の違反などについて解説します。

標識による一時停止について

標識による一時停止について

逆三角形の赤いボディーに白字で「止まれ」の表示がインパクトな標識。

この「止まれ」の標識が設置されている箇所では、停止線の直前で車両を一時停止させなければいけません。

これは道路交通法でもきっちりと規定されている内容で条文は以下の通り。

指定場所における一時停止
第43条 車両等は、交通整理が行なわれていない交差点又はその手前の直近において、道路標識等により一時停止すべきことが指定されているときは、道路標識等による停止線の直前(道路標識等による停止線が設けられていない場合にあっては、交差点の直前)で一時停止しなければならない。
この場合において、当該車両等は、第36条第2項の規定に該当する場合のほか、交差道路を通行する車両等の進行妨害をしてはならない。

警察では3秒以上という取り締まり基準で違反とするケースもあるようですが、法的には3秒などのような時間の規定はありません。

関連記事:「完全停止!止まれの標識に関するまとめ」

踏切の横断でも停止を忘れずに!

踏切の横断でも停止を忘れずに!

一時停止の標識のことだけを記憶していて、標識のない踏切では止まらなくてもいいと認識している人もいるようです。

踏切では一時停止の道路標識の有無に限らず、道路交通法にて停止と安全確認が義務付けられています。

…安全確認というのは電車が接近していないかなど。

「踏切警報機が鳴るから大丈夫!」と思うでしょうが、警報機や遮断機が故障などにより正常に作動しなかった場合を考えると油断はできません。

また、踏切を横断した後の道路で、自分の車が入り込むスペースの確認も重要です。

確認忘れやうっかりなどにより、踏切内で立ち往生となるケースも少なくありません。

こういった現場を見るとかなりヒヤヒヤしますが、列車と車の接触事故は多くはないにしても実際に発生しているので、意識的に注意しておくことが必要となります。

事故の危険性を考えると停止そのものも重要ですが、停止してからの周囲状況の確認も重要であることを忘れないようにしましょう。

踏切の通過
第33条 車両等は、踏切を通過しようとするときは、踏切の直前(道路標識等による停止線が設けられているときは、その停止線の直前。以下この項において同じ。)で停止し、かつ、安全であることを確認した後でなければ進行してはならない。
ただし、信号機の表示する信号に従うときは、踏切の直前で停止しないで進行することができる。

…覚えやすく「踏切=一時停止」と認識している人もいるようですが、ただし書きにもあるように信号機がある踏切では一時停止なしで進行することができます。

これにより信号機付きの踏切では、一時停止することでかえって追突事故を招くリスクが高まるので注意しましょう。

関連記事:「ぼんやりに注意!漫然運転の具体的な内容や対策」

歩道への進入や横断歩道でも?

歩道への進入や横断歩道でも?

道路交通法では標識のない場所であっても、踏切のように一時停止しなければいけない場所などが規定されています。

そのひとつが歩道へ進入するとき。

例えば歩道を挟んで建てられた施設、コンビニやスーパーなどへ行くためには、一時的に歩道を通過するというケースは珍しくないと思います。

このような場合は歩道に進入する直前に一時停止しなければいけません。当然ながら出るときも同様になります。

通行区分
第17条 第2項 前項ただし書の場合において、車両は、歩道等に入る直前で一時停止し、かつ、歩行者の通行を妨げないようにしなければならない。

「歩行者の通行を妨げない」と歩行者を優先する考えになりますが、歩行者の有無に限らず「歩道に進入する前の停止」が義務となっているので注意しましょう。

また、横断歩道については以下の条文のとおり。

横断歩道等における歩行者等の優先
第38条 (…前略…)この場合において、横断歩道等によりその進路の前方を横断し、又は横断しようとする歩行者等があるときは、当該横断歩道等の直前で一時停止し、かつ、その通行を妨げないようにしなければならない。

実はしっかりと規定されているルールではありますが、マナー程度の認識しかされていないのが現状のようです。

行政処分となれば「横断歩行者等妨害等違反」で違反点数2点の加点と普通車なら9,000円の反則金も生じます。

関連記事:「まとめ!交通違反点数と反則金の一覧」

道路の止まれのペイントは?

標識がなくても道路に「止まれ」とペイントされている場合もあります。

これは「法定外表示」と呼ばれるもので、法律で定められていない表示を意味しており、実効性を高めるための表示とされています。

…なので、止まれのペイントがあっても一時停止の標識がなければ、一時停止違反は成立しないことになるわけです。

道路にかかれる文字や記号の多くは「道路標示」と呼ばれ法的な効力をもっていますが、「標識令(道路標識、区画線及び道路標示に関する命令)」においてその種類は規定されています。

ここに止まれの文字は含まれておらず法的な効力をもたないことから法定外表示と呼ばれているわけですね。

「標識と止まれの文字はセットでないと効果がない」と認識している人もいるようですが、正しくはセットかどうかに限らず効力をもつのは標識のみとなります。

標識がなければ違反にはなりませんが、意味があって書かれたものだと思われるので、特に初めて走行する道路でみかけた場合は注意しておきましょう。

車両の停止位置となる停止線

一時停止と合わせて覚えておきたいのが停止線です。

道路標示は規制標示と指示標示に分類されますが、停止線は指示標示に該当し、その名称のとおり車両が停止する位置を示す線となります。

「停止位置のどのあたりで止まればいいの?」とか、「タイヤが停止線を踏んだらアウト?」など停止線に対する停止位置が曖昧な人もいるのでおさらい。

道路交通法の第43条では「…停止線の直前(…括弧内略…)で…」とありますので、厳密には停止線より手前に停止しなければいけません。

この条文では「車両等が…」という記述しかないので、車両のタイヤではなくバンパーなどの先端部分を基準に停止線の手前で停止します。

一時停止での違反について

一時停止の標識がある場所での違反は「指定場所一時不停止」、踏切での停止を行なわなかった場合が「踏切不停止」となります。

違反となった場合の加点と反則金は以下のとおり。

種別点数反則金
大型普通二輪原付
踏切不停止等212,0009,0007,0006,000
指定場所一時不停止等29,0007,0006,0005,000

…違反になる可能性として注意しておきたいのが停止と徐行。

一時停止とは一時的に停止すること、停止とは車両の完全停止をさしており、低速でも動いている「徐行」の場合では違反となってしまうということです。

ブレーキを踏んで減速した場合、その減速幅が大きいほど完全に停止していなくても停止したような感覚に陥りやすくなります。

しかし、実際には停止できていないことも多いので、そういった感覚に惑わされないようしっかり意識して完全に停止するようにしましょう。

関連記事:「急には止まれない?空走距離、制動距離、停止距離の違い」

大切な愛車を高く売る!
大切な愛車を高く売る!

2007年に買取査定サービスを開始した「かんたん車査定ガイド」は、2017年9月で利用実績が280万人を突破しました!

サービス情報買取業者情報
買取形式:一括提携業者:42社
利用料金:無料査定依頼:最大10社
入力項目:9項目業者選択:不可
入力目安:45秒対応地域:全国
売却実績①…トヨタ プリウス
年式
2010年
走行距離
6~7万キロ
査定日
2015年9月
+30万円の100万円で売却。
売却実績②…トヨタ ランドクルーザー
年式
2008年
走行距離
5~6万キロ
査定日
2015年7月
+60万円の460万円で売却。

運営会社であるエイチームライフスタイルは東証一部上場のエイチームのグループ会社で、査定申し込み後はすぐに概算査定が提示されます。

厳選な審査をクリアした優良な「JADRI会員のみ」で構成されているため、買取によるトラブルが起こりにくく、2016年4月~2017年3月に行なわれたアンケートでは平均10万円以上も高く売れたことが明らかに!

競売システムで高く売る!
競売システムで高く売る!

独自のオークションシステムで買取サービスを開始したのが「ユーカーパック」。

サービス情報買取業者情報
買取形式:競売業者数:2,000以上
利用料金:無料査定依頼:査定1回
入力項目:7項目業者選択:-
入力目安:30秒対応地域:全国
売却実績①…トヨタ プリウス
年式
2016年
走行距離
9,906km
査定日
2018年2月
+39万円の175.6万円で売却成立。
売却実績②…トヨタ アルファード
年式
2012年
走行距離
34,242km
査定日
2018年6月
+61万円の230万円で売却成立。

電話のやり取り&実査定は1回だけ!独自オークションで買取業者との直接交渉をする必要はなく、売り手が少ない手間で高く売りやすいという革新的なシステムが特長。

(※ 2018年5月の車種別平均入札件数はトヨタ ハイラックスサーフが1位で34.4件、トヨタ アルファードが29.1件、ホンダ ステップワゴンスパーダが29.0件という結果に。)

出張査定手数料、オークション出品料、成約手数料など完全無料で利用できるなどユーザーにありがたいサービス。