最適なタイミングとは?車を売る時期について

最適なタイミングとは?車を売る時期について

クルマの売却を考えると同時に気になるのが「売り時」ではないかと思います。車検やモデルチェンジなど含め諸々の事情からベストなタイミングについて解説。

車の売却に適した時期とは?

1年で最も自動車市場が活況となる時期が2~3月で、この時期にあわせた1月~2月は車を高く売りやすいベストタイミングといわれます。

しかし車検残日数、走行距離、モデルチェンジ、年式などの各要素により、クルマの市場価値は徐々に低下することが一般的で、待つことが得策になるケースはほとんどありません。

こういった実情を考えると実は「思い立ったが吉日」で、基本的にはなるべく早く売るというスタイルが最も適したタイミングとなります。

具体的に売却時期が決まっていない場合は、なるべく早い時期で高値が付きやすい1~2月、購買意欲の高まるボーナス月の6月、中間決算セールのある8月などを目安にして時期を絞り込んでいくのがおすすめです。

以降の各項目にてその理由などをさらに詳しく解説します。

車が高く売れる月のタイミング

車が高く売れる月のタイミング

1年で最も需要が高まる1~2月

売却のベストタイミングがなぜ1~2月なのか?…についての話。

これは、決算期(決算月)を3月としている自動車会社やディーラー各社が多く、営業成績による歩合や決算書(会社の信用)に最も影響しやすい月というのがあります。

決算期に行なわれる決算セールというのは、「在庫を減らして現金資産を増やす → 決算書の見栄えが良くなる → 会社の信用度が高まる」…といった効果をもたらすため、1年の中で最もその調整を行ないやすい月です。

そして、新しい年に突入したばかりの1~3月は、新社会人がクルマを購入する機会が増えるなど、需要の高まりから中古車の売れ行きが伸びる時期です。

(※ 中古車が売れる=中古車の在庫が必要!)

そうすると以前にこの時期に購入した人の乗り換えも重なりますね。

要は「稼ぎ時」といわれる時期で、業者は在庫をなるべく多く確保したい…と考え、在庫(中古車)確保のために積極的に買取を行なってくれるというわけです。

…こうした理由から2~3月という時期は、1年の中で最もクルマの流通が活発になる時期であり、このピークを過ぎた翌月の4月は需要が低下するため、売却金額の落差が大きくなりやすい時期でもあります。

徐々に低下するクルマの価値

しかし、クルマの市場価値はこうした基本パターンとは別に、時間の経過とともに徐々に低下するものなので、待つことによって売却金額が高くなるといったことはなく、むしろその分だけ損してしまうことが一般的です。

つまり、売却時期を検討するのであれば、2月などの具体的な月だけでなく、クルマ自体の価値の低下も含めて考えることが重要になります。

…例えば10月にクルマを売る必要が生じたからといって、繁忙期である翌年1月~2月まで待ったとしても、クルマの価値自体が売却時期までに下落するため、待つことが損になる可能性が高くなるというわけです。

そもそも時間経過による相場下落を覆すほど、月(時期)による売却金額が有利になるといったことは起こりにくいのです。

関連記事:「目指せ10万UP!車を高く売る5つの方法」

買い手と販売者と市場価値

新しさで揺れる買い手の心理

クルマの市場価値が徐々に低下する理由については、買い手の心理を考えるとよく分かる思います。

中古車を欲しいと考えている買い手は、「なるべく金額が安いものの中で状態の良いものを…」と考えるのが一般的です。

同額で状態の良いものと悪いものが目の前にあれば、わざわざ条件の悪い方を選ぶ人はほぼいないでしょう。

新しさだけで状態の良さは決まりませんが、同条件であれば新しいものをチェックしたくなる…という買い手の心理は、考えてみればよく分かることだと思います。

そうすると1年前より半年前のもの、半年前より1ヶ月前のものに関心が集まり、売れやすくなるというのも自然な流れというわけです。

(※ だからこそ例えば1ヶ月前のものより半年前のものを相対的に安くすることで、売れやすくする必要があります。)

こうした流れを考えると市場価値が細かく変動、細かく下落という動向を理解しやすいし、クルマの市場価値が徐々に低下するという動きや、売却時期はなるべく早いほうが良いとされる意図をつかみやすいと思います。

中古車販売業者の心理

また、中古車販売業者にとっても相場の下落は重要なポイント。

時期による需要の高まりが起こったとしても、提示可能な限度額に近い金額であるほど「利益を削る」という意味であり、それなりの需要があって確保しておきたいクルマでもない限り、無理をしてまで行ないたい行為ではありません。

利益を削ってまで欲しいクルマ(需要のあるクルマ)なら売却金額のアップを狙えますが、そうでなければやっぱり待つことがプラスにはなりにくいのです。

…ちなみにもっと短いスパンで考えると、月の中でも月初より月末の方が有利になる可能性は高くなります。

これは各社の締め日に関係しており、営業成績が歩合に影響を与えるため、月初より月半ば、月半ばより月末の方が売却金額を競り上げやすくなります。

関連記事:「匿名OK!個人情報なしで買取相場を調べる方法」

中古車登録台数の月別推移

これはあまり重要度の高い話ではありませんが、「車の需要が高まる時期」という話をしたので、中古車登録台数の月別推移を参考までにご覧ください。

種別普通
乗用車
小型
乗用車

乗用車
1月120,625109,610172,467
2月149,237135,297200,992
3月226,212222,149353,399
4月140,527125,835192,668
5月140,079124,616183,429
6月156,456133,331192,481
7月148,075122,874183,138
8月139,711119,188178,660
9月147,430125,298184,673
10月147,094125,685197,756
11月141,095122,016187,234
12月146,415122,848187,977

登録車は自販連(日本自動車販売協会連合会)の「統計データ」、軽自動車は全軽自協(全国軽自動車協会連合会)の「軽四輪車中古車販売台数」より抜粋しています。

やはり3月の登録台数は他の月とは比較にならないほどの台数に!

ちなみに、これはあくまでも販売データなので、売却時期の参考にする場合、その前に在庫が必要になる=売却タイミングなんだな…と読み解きます。

その翌月以降となる4月~5月はちょっと冷え込んでしまいますが、6月~7月のボーナス時期にちょっとした需要の高まりが生じます。

8月は一旦閑散期となってしまいますが、9月には半期の決算セールが行なわれるため、市場はまた少しだけ盛り上がります。

10月~翌年1月、特に年末年始はクルマの需要が低下するので、この時期が2度目の閑散期になる…といった感じのおおまかな流れがあります。

(※ これはあくまで一般的な車種の動向なので、需要のタイミングが異なる車種はこれとは異なる変動を見せます。)

…これだけを見せられると閑散期を避けて繁忙期に車を売った方がいいのでは?…と思うかもしれませんが、こうした動きはクルマの流通全体の傾向であり、これだけを自分のクルマの売り時に当てはめて考えるものではありません。

自分のクルマで考える場合、こうした市場の動向に加えて時間経過による相場の下落も考える必要があり、結局のところ流通の動向のみにとらわれず、早めに売ってしまった方がいいという結果になるわけです。

関連記事:「実は存在しない?おすすめ車買取店の注意点とは?」

車種でも異なるタイミング

最も一般的なクルマの売り時は1月~2月で、2月~3月には決算期による決算セール、新社会人の車購入などのイベントが重なることが理由となります。

この時期は幅広い層に支持される車種の需要が高まるため、軽自動車やコンパクトカーといった車種を中心にして比較的多くの車種が売れやすい時期となっています。

10月からは車の需要が低下する時期という話をしましたが、この時期はスキーやスノーボードといったウインタースポーツが盛り上がってくるため、こういったイベントに適したSUVや4WDといったアウトドア向けの車の需要が高まります。

SUVや4WDはアウトドアで盛り上がるサマーシーズンにも需要が高まり、この時期にはさらにスポーツカーやキャンピングカーなどの人気も高まる傾向にあります。

関連記事:「査定・相場の基礎…下取り参考価格の調べ方」

車の売却と車検のタイミング

車の売却と車検のタイミング

売却時期を検討するのに強く関係してくるのが車検のタイミング。

車検の残日数が多くなるほど加点による査定金額は高くなりますが、あらためてコストをかけてまで車検を通すことは一般的に推奨されません。

また、車検時期は目安になるので次の車検ギリギリまで乗ろうと考える人もいますが、高年式(年式の新しいクルマ)のクルマほど待機による市場価値低下の幅は大きいので、売却時期はこのことも含めて検討することがすすめられます。

車検と売却のタイミングについては、「ギリギリ&車検切れも売却OK!車買取や買い替えの話」にてさらに詳しく解説しているので参考にしてください。

■ 売却交渉でのタイミング

これも実際の取引前に知っておくべきタイミングの話。

時期は早目がいいといっても交渉を即決で決めるのは悪手で、最初の買取店の高値で即決、もしくは「決めてくれるなら○○万円プラス」といった取引にもご注意。

その理由はさらに高値になる可能性が高いということで、基本的にこういった交渉での即決は良いタイミングとはいえません。

なるべく早くはポイントですが、焦って交渉を進めるという意味ではないので、成約のタイミングにも注意しておきましょう。

関連記事:「目指せ10万UP!車を高く売る5つの方法」

モデルチェンジと売却時期の話

「モデルチェンジ(model change、和製英語)」も売り時に関係します。

そもそもモデルチェンジとは比較的小規模な変更程度の「マイナーチェンジ」と、比較的大規模な変更となる「フルモデルチェンジ」の2つがあり、売却時期に強く影響するのはフルモデルチェンジの方です。

フルモデルチェンジではクルマの形状と仕様が比較的大きな規模で変更され、フルモデルチェンジ後の新型車へと関心が高まるため、モデルチェンジ前の市場価値が大きく低下しやすいです。

マイナーチェンジであってもフルモデルチェンジであっても、基本的に発表が行なわれてから販売されるという流れがあるため、市場価値に変動が起こる発表前に売り抜けたほうが得ということになります。

…売却時期を考えるならモデルチェンジについてはなるべく警戒しておくべきで、こうしたことが起こる前、つまり結局のところなるべく早めに…となります。

各メーカーのフルモデルチェンジの最新情報をまとめているサイトはいくつかありますが、夢あるカーライフの「ニューモデル新車情報カレンダー」がメーカー別&月別でシンプルにまとめられているので、参考までに見てみるのもおすすめです。

ちなみに日本車のフルモデルチェンジの目安は4~6年、早ければ3年で遅ければ10年といったあくまでおおよその目安があるので参考までに。

例えばプリウスは1997年の販売開始以降、2003年、2009年、2015年と6年ごとにフルモデルチェンジを行なっており、アクアは2011年の販売から8年後の2019年に初のフルモデルチェンジを迎えることになります。

モデルチェンジとの関係で売却金額が気になる場合、間隔の長いタイプはちょっと余裕を持てますが、間隔が短い場合は早めの売り抜けを意識しておきましょう。

関連記事:「寿命で下取り…10万キロ超えの車に対する誤解」

車の年式も売り時に関係する?

年式とは車検証にも記載のある「初度登録年月」のこと。

車種に関係なく「年式が古くなる=1年加算される」のは「1月1日」と決まっており、この日にクルマの年式は数値的に一斉に古くなる仕組みです。

クルマは古いものより新しいものが好まれるため、「低年式(数字が低い、数字が小さい年式)=古いもの」より、「高年式(数字が高い、数字が大きい年式)=新しいもの」の方が査定金額は高くなる傾向があります。

…とはいえ、あえて売却を保留にして待ったとしても、クルマの市場価値は時間とともに低下するため、結局のところ待つことが得策になることはありません。

こういった知識は売却が迫られているときでは選択のしようがないので、どちらかといえば事前に知っておくと役立つ知識といえるかもしれませんね。

関連記事:「賭けかお宝か?過走行車を購入する注意点など」

車の売却時期についての総括

各項目でも触れたとおり、クルマの価値は時間の経過と共に低下するものと考えておくのが基本です。

今回は車検やモデルチェンジなどについても解説しましたが、そういったことを含めて考えても早めに売ってしまったほうが高値になるケースは多く、株のように待つことで値が上がることはほとんどないと思ったほうがいいです。

売却について悩んだときは時期を見計らうことなく、なるべく早めにそのクルマの市場価値、いわゆる相場を下調べしておくのがいいでしょう。

予想より相場が安ければ手早い下取りを選ぶのもありですし、相場が高ければ早期売却への目安になりやすいと思います。

関連記事:「平均10万円以上の違い?車を売るならどこがいいのか」

大切な愛車を高く売る!
大切な愛車を高く売る!

2007年に買取査定サービスを開始した「かんたん車査定ガイド」は、2017年9月で利用実績が280万人を突破しました!

サービス情報買取業者情報
買取形式:一括提携業者:42社
利用料金:無料査定依頼:最大10社
入力項目:9項目業者選択:不可
入力目安:45秒対応地域:全国
売却実績①…トヨタ プリウス
年式
2010年
走行距離
6~7万キロ
査定日
2015年9月
+30万円の100万円で売却。
売却実績②…トヨタ ランドクルーザー
年式
2008年
走行距離
5~6万キロ
査定日
2015年7月
+60万円の460万円で売却。

運営会社であるエイチームライフスタイルは東証一部上場のエイチームのグループ会社で、査定申し込み後はすぐに概算査定が提示されます。

厳選な審査をクリアした優良な「JADRI会員のみ」で構成されているため、買取によるトラブルが起こりにくく、2016年4月~2017年3月に行なわれたアンケートでは平均10万円以上も高く売れたことが明らかに!

競売システムで高く売る!
競売システムで高く売る!

独自のオークションシステムで買取サービスを開始したのが「ユーカーパック」。

サービス情報買取業者情報
買取形式:競売業者数:2,000以上
利用料金:無料査定依頼:査定1回
入力項目:7項目業者選択:-
入力目安:30秒対応地域:全国
売却実績①…トヨタ プリウス
年式
2016年
走行距離
9,906km
査定日
2018年2月
+39万円の175.6万円で売却成立。
売却実績②…トヨタ アルファード
年式
2012年
走行距離
34,242km
査定日
2018年6月
+61万円の230万円で売却成立。

電話のやり取り&実査定は1回だけ!独自オークションで買取業者との直接交渉をする必要はなく、売り手が少ない手間で高く売りやすいという革新的なシステムが特長。

(※ 2018年5月の車種別平均入札件数はトヨタ ハイラックスサーフが1位で34.4件、トヨタ アルファードが29.1件、ホンダ ステップワゴンスパーダが29.0件という結果に。)

出張査定手数料、オークション出品料、成約手数料など完全無料で利用できるなどユーザーにありがたいサービス。