要注意!飲酒運転(酒気帯び、酒酔い)の点数や罰金

要注意!飲酒運転(酒気帯び、酒酔い)の点数や罰金

ニュースでも度々大きく取り上げられるような悲惨な事故が多発したため、飲酒運転をした人やそれに関係した人には、以前よりずっと厳しい処分が下されるようになりました。

2006年に福岡県で起きた交通事故や、2015年に北海道で起きた交通事故は特に印象深かったように思います。

今回はそんな飲酒運転に関して色々と触れていきたいと思います。

飲酒運転による点数と罰金

大きな死亡事故が後を絶たないことから、飲酒運転をした運転者本人に限らず、それに関係した人も含めて飲酒運転による罰則は以前より強化されました。

飲酒運転をすれば最低でも免許停止処分、加えて刑事処分による懲役又は罰金となっています。以下の一覧は「行政処分歴0回の場合」の処分をまとめたもの。

種別行政処分と刑事処分
酒酔い加点35点、免許取消、欠格期間3年
5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
酒気帯び0.25以上加点25点、免許取消、欠格期間2年
3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
0.25未満加点13点、免許停止、免停期間90日
3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

酒気帯び運転の「0.25以上」、「0.25未満」というのは、「アルコール検知器(俗にいう風船)」によるアルコール検査で、「呼気中アルコール濃度」が「0.15mg/l以上0.25未満」もしくは「0.25mg/h以上」で酒気帯びとなります。

行政処分歴(前歴)は免停や免取処分となった回数のことで、例え今回が初回であったとしても一発免許停止、場合によっては免許取消処分になることもあるということ。

※ 免停処分に関する詳細は「免停の点数と免停期間」にて。

道路交通法の改正により2007年9月19日から施行された罰則では、酒酔い運転、酒気帯び運転の懲役や罰金が引き上げられるなど、より厳しい処分が下されるようになっています。

酒酔い改正前…3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
改正後…5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
酒気帯び改正前…1年以下の懲役又は30万円以下の罰金
改正後…3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

飲酒運転に関係した人の罰則

飲酒運転に関係した人の罰則

これも2007年9月19日に施行された道路交通法に新設されたもの。

これまでは飲酒運転の関係者に対する直接的な罰則がなく、刑法による幇助(ほうじょ、手を貸す)、教唆(きょうさ、そそのかす)を適用していましたが、新たに直接的な罰則が規程されています。

具体的には飲酒運転するとわかっている人への酒類提供や車両提供、お酒を飲んでいると知りながら飲酒運転者に運転させた同乗者が対象となります。

これには一緒に飲んだ人や飲食店も含まれるということです。

車両提供者飲酒運転をするおそれのある人に車両提供
酒酔い5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
酒気帯び3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
酒類提供者飲酒運転をするおそれのある人に酒類提供
酒酔い3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
酒気帯び2年以下の懲役又は30万円以下の罰金
同乗者運転者に飲酒を知りながら要求等した場合
酒酔い3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
酒気帯び2年以下の懲役又は30万円以下の罰金

※ 飲酒運転の同乗者については「飲酒運転の同乗者の点数や罰金 」にて、もっと詳しい解説をしているので参考にしてください。

酒酔いと酒気帯びとの違い

飲酒運転について調べると必ず出てくるワードが「飲酒運転、酒酔い運転、酒気帯び運転」の3つですが、この3つの違いは何なのかという話。

まずは酒気帯び運転について

酒気帯び運転は道路交通法により呼気中のアルコール濃度が一定の数値以上である状態をさしており、数値により明確に規定されています。

一定の数値以上とは呼気中のアルコール濃度が0.15mg/l以上が該当し、0.25mg/l以上であればさらに厳しい処分となります。

続いて酒酔い運転について

酒酔い運転は酒気帯びのように一定の数値が規定されているわけではなく、「正常な運転ができないおそれのある状態」をさしており、ろれつがまわらないなどの言動、まっすぐ歩けないなど運動機能の低下状態のこと。

例え呼気中アルコール濃度が0.15mg/l未満で酒気帯びの状態に該当しなくても、こういった状態にある人は酒酔い運転となり厳しい処分が下されます。

酒酔い運転は酒気帯び運転とは違って感覚的なものになりますが、ろれつがまわっていないとかまっすぐ歩けない状態で運転されるのはこわいですね。

最後に飲酒運転について

飲酒運転はアルコールの影響を受けている状態で運転することをさしており、酒酔い運転や酒気帯び運転を含めた広義的な意味をもっています。

呼気中アルコール濃度が0.15mg/l未満で、正常に車を運転できたとしても厳密にいえば飲酒運転です。

ただ、程度により道路交通法上で酒酔いと酒気帯びに分類しているというわけです。

飲酒による影響は実験により明らかにされていますが、集中力や注意力の低下、反応時間の低下などは、呼気中アルコール濃度が規定値の0.15mg/lを下回る状態であっても起こることが確認されています。

「ちょっと飲んだって正常な運転はできるから!」という人もいますが、リスクを低減させるためにはやっぱり全く飲まないことがベストということに。

関連記事:「まとめ!交通違反点数と反則金の一覧」

酒気帯びで検知される飲酒量とは?

酒気帯びで検知される飲酒量とは?

酒気帯び運転の項目で規定されている基準値について。

呼気中アルコール濃度の規定値は0.15mg/lですが、具体的にどのくらいなのかというのを解説していきます。

どれだけ飲んだら酒気帯び?

これを知るためにはまず自分の体重を調べる必要があります。

日本で比較的多い年齢層である30代の平均体重は、「平成26年国民健康・栄養調査」によると男性69.2kg、女性54.6kgとなっているので、今回はこの数値を基本に試算してみます。

結論を先にいうと体重69.2kgだとビール1缶(350ml、度数5%)でアウト。

この場合の呼気中アルコール濃度は「0.152mg/l」。

当然ながらより体格の小さい女性もアウトで、数値は「0.192mg/l」。

計算式は以下の通り。

  • ・アルコールの血中濃度(%)=(飲酒量×度数)/(833×体重)
  • ・3.04%=(350ml×0.05)/(833×69.2kg)
  • ・呼気中アルコール濃度=血中アルコール濃度×5
  • ・0.152mg/l=0.0304×5

お酒が抜けるのに必要な時間

前の項目では飲んですぐなら1缶でアウトになるという結果でしたが、時間経過や睡眠時間を計算に入れた場合について。

これまた結論を先にいうと1缶(350ml、度数5%)なら2時間ちょっとが必要。

前の項目の条件と合わせて考えると、飲んでから吸収、代謝などを考えても1缶なら30分もあれば規定にはかからない状態になるということ。

その計算式は以下の通り。

  • ・純アルコール量(g)=度数×量×0.8(アルコール比重)
  • ・14g=0.05×350ml×0.8
  • ・1時間に分解できるアルコール量(g)=体重(kg)×0.1
  • ・6.92g=69.2kg×0.1

体内のアルコールを1時間に6.92g分解できるということは、14gを分解するのにかかる時間はおおよそ2時間2分になるというわけです。

アルコールが抜けるまでの時間についてのもっと詳しい解説や早見表などは「アルコールが分解されて抜ける時間」に掲載しているのでよければ参考に。

飲酒運転の厳罰化と統計データ

飲酒運転の厳罰化と統計データ

飲酒運転の罰則が強化される背景となった事件はいくつかありますが、特に大きなきっかけのひとつになったのは福岡の事件があるかと思います。

福岡海の中道大橋飲酒運転死亡事故
2006年8月25日、福岡市東区の「海の中道大橋」で、飲酒運転をした男性会社員の車が他の車に追突、追突された福岡市職員が運転する車は博多湾に転落、同乗していた3人の子供が死亡という事件。

当時は連日大きく報道されていたので記憶にある人もいるかと。

この事件の後、2007年には刑法や道路交通法が改正されていますが、間違いなくこの事件の影響もあったのではないかと思います。

この死亡事故や法律の改正が、飲酒運転による交通事故件数などに与えた影響は、以下の一覧でよく分かると思います。

種別交通事故死亡事故
2005年13,878709
2006年11,627612
2007年7,562434
2008年6,219305
2009年5,726292
2010年5,561295
2011年5,030270
2012年4,605258
2013年4,334238
2014年4,155227
2015年3,864201

(出典 飲酒運転による交通事故件数の推移 政府広報オンライン)

比較して欲しいのは、やはり2006年と2007年の件数。

事件が与えた影響と罰則強化により2007年の交通事故件数は2006年の65.0%、死亡事故件数は70.9%と、どちらも前年の30%前後の低下となっています。

その後も飲酒運転に対する意識が世の気運として高まり、緩やかではありますが2015年まで右肩下がりという結果になっています。

関連記事:「精度が重要!アルコールチェッカーの特徴とおすすめ」

大切な愛車を高く売る!
大切な愛車を高く売る!

2007年に買取査定サービスを開始した「かんたん車査定ガイド」は、2017年9月で利用実績が280万人を突破しました!

サービス情報買取業者情報
買取形式:一括提携業者:42社
利用料金:無料査定依頼:最大10社
入力項目:9項目業者選択:不可
入力目安:45秒対応地域:全国
売却実績①…トヨタ プリウス
年式
2010年
走行距離
6~7万キロ
査定日
2015年9月
+30万円の100万円で売却。
売却実績②…トヨタ ランドクルーザー
年式
2008年
走行距離
5~6万キロ
査定日
2015年7月
+60万円の460万円で売却。

運営会社であるエイチームライフスタイルは東証一部上場のエイチームのグループ会社で、査定申し込み後はすぐに概算査定が提示されます。

厳選な審査をクリアした優良な「JADRI会員のみ」で構成されているため、買取によるトラブルが起こりにくく、2016年4月~2017年3月に行なわれたアンケートでは平均10万円以上も高く売れたことが明らかに!

競売システムで高く売る!
競売システムで高く売る!

独自のオークションシステムで買取サービスを開始したのが「ユーカーパック」。

サービス情報買取業者情報
買取形式:競売業者数:2,000以上
利用料金:無料査定依頼:査定1回
入力項目:7項目業者選択:-
入力目安:30秒対応地域:全国
売却実績①…トヨタ プリウス
年式
2016年
走行距離
9,906km
査定日
2018年2月
+39万円の175.6万円で売却成立。
売却実績②…トヨタ アルファード
年式
2012年
走行距離
34,242km
査定日
2018年6月
+61万円の230万円で売却成立。

電話のやり取り&実査定は1回だけ!独自オークションで買取業者との直接交渉をする必要はなく、売り手が少ない手間で高く売りやすいという革新的なシステムが特長。

(※ 2018年5月の車種別平均入札件数はトヨタ ハイラックスサーフが1位で34.4件、トヨタ アルファードが29.1件、ホンダ ステップワゴンスパーダが29.0件という結果に。)

出張査定手数料、オークション出品料、成約手数料など完全無料で利用できるなどユーザーにありがたいサービス。