電話なし&メールのみ!一括査定の手間を減らす裏技

電話なし&メールのみ!一括査定の手間を減らす裏技

クルマの一括査定といえば、申し込み後に買取業者からまとめて電話がかかってくるため、サービスの利用が始めての人は面食らってしまいがち。

一括査定ではこの流れが基本となっていますが、車買取に関する予備知識がない人や電話でのやり取りが苦手といった人には、商売でやっている熟練の買取業者とのやり取りは結構ハードルが高いです。

高値と噂の一括査定を利用したい…、でも電話ではなくメールでやり取りしたい…と考えている人のため、それが実現できるサービスや手順などを解説しています。

電話なし&メールのみにできる?

冒頭でも一括査定は電話のやり取りが基本…という話をしましたが、数は少ないながらメールのみに限定できるサービスはあります。

それは「かんたん車査定ガイド」と「カーセンサー」の2つです。

「一括査定=電話が多い」…と連想されがちですが重要なのはサービス選びで、数ある一括査定サービスの特性を知り、自分に合ったサービスさえ選び出せば実はそれほどの手間にはなりません。

…しかし、現状では電話でのやり取りを基本としているせいか、通常の申し込み方法ではなく、ちょっとした隠し要素的な手順となっているので、一手間をかける必要があるという点にはご注意ください。

では、各サービスの具体的な解説をする前に、「電話なし&メールのみ」にするために重要な「時間帯」について書いてあるので次項をご覧ください。

時間帯で電話なしにできる?

申し込み後の電話をなしにしたい!…という場合、申し込む時間帯を21時以降の時間帯に実行することがすすめられます。

その理由は「JPUC(日本自動車購入協会)」の行動基準です。

JPUCは自動車買取サービスの品質向上などを目的として発足された団体で、以前は23時などの遅い時間でもかかってきた電話は、JPUCの活動によりほとんど電話がかかることはありません。

(※ JPUCの行動基準、「3.不適切な勧誘行為の禁止」にて、午後9時から午前8時までの間に電話や訪問による勧誘をしてはならない…と定められています。)

JPUCが定めたルールを破ればイエローカードやレッドカードが出され、最悪その買取業者は一括査定での取引停止処分となります。

そのため、「電話なし&メールのみ」にするためには、まずはこの時間帯について頭に入れておきましょう。

そもそもなんで電話なの?

それはずばりスピードが重要なポイントになるから。

一番最初にユーザーとのやり取りを開始できれば、買取金額の大小に関係なくクルマを買い取れる確率が高くなります。

例えば一番最初にかけてきたのがA社であれば、A社は「即決すれば5万円上乗せできます!」…なんて手段も使えますね。

…これはいくらメール機能を備えても、メール作業の時間があれば電話の方が早いため、電話で競合するというのは自然な流れといえるでしょう。

結果的に一括査定は電話でのやり取りが基本となるわけです。

…それでも、先ほど解説した申し込み時間帯との合わせ技でほぼ100%メール限定のやり取りにできるサービスや、たった1回の電話で競売を利用できるサービスもあるため、以降の各項目でそのサービスや手順を解説します。

関連記事:「査定・相場の基礎…下取り参考価格の調べ方」

カーセンサーでメールのみにする方法

一括査定の中でも代表格となっているサービスがカーセンサーであり、リクルートグループが運営している大手です。

カーセンサーを利用するメリットは提携している業者数が特に多いことで、公式サイトでは公開されていませんが、一般的に1,000社以上といわれています。

査定依頼業者の選択機能も備えているため、査定依頼業者の候補が対応しきれないほど多くても、任意で調整できるのが非常に便利です。

大手という信頼と実績を頼るなら優先順位の高いサービスといえるでしょう。

サイト上での画面の操作手順

ここからはメールのみにする申し込み方法について解説。

カーセンサー公式サイトの車買取で最初の5項目を入力し、「申し込みスタート」を選択すると次に詳細情報入力画面になります。

お客様情報の入力項目の下にある「任意項目:売却希望時期などを入力」、PC版だと「任意項目:売却希望時期など、ご希望がある場合はこちらをクリック」を選択すると、さらに詳細を入力できる隠れたフォームが出てきます。

カーセンサーの操作手順

この操作後に出てくる「連絡希望時間帯」に、「連絡は全てメールのみでお願いします。」…などの文言を入力し、残りの必要事項を入力すればOKです。

特別な記載もないので分かりづらいですが、カーセンサーでメールのみにする場合のコツは、本来入力することのない内容をフォームに入力し、メッセージのように利用していることです。

カーセンサーで注意すべきこと

…ただし!

この方法のみで査定依頼を行なったとしても、このメッセージに関係なしで即電話してくる買取業者があります。

今のところ確認できているのは大手ではガリバーとビッグモーターで、おそらく査定依頼後に即電話するようなシステムが社内で構築されており、詳細を確認する前に電話連絡を行なっているようです。

つまり、この方法だけでは100%完全に電話をカットできませんが、それでもこれらの会社以外の連絡はほとんどメールのみに切り替えできます。

…ちなみに、どうしても完全に電話をカットしたい場合の方法は2つ。

ひとつは先に解説したように申し込みの時間帯を21時以降にすること。

ガリバーとビッグモーターはJPUCに加入しており、ルールを破ってJPUCから除名となれば信用は失墜するので、安易に電話をかけることはできません。

…もうひとつは業者選択機能でこの2社を除外すること。

一括査定は複数比較で高値を引き出すのが魅力のサービスなので、大手の除外や過剰な除外はマイナスになることもありますが、ある程度の業者数が確保できるのであれば、除外候補に入れる選択もなしではありません。

電話でのやり取りを基本としている一括査定において、一手間は必要なもののここまでメール限定にできるサービスは希少なのでありがたいところです。

詳細については「カーセンサーの公式サイト」にてご確認ください。

かんたん車査定ガイドでメールのみに

上場企業であるエイチームのグループ会社が運営する老舗のサービスで、最大の売りは「JADRI会員企業限定」であること。

JADRI(日本自動車流通研究所)も中古車流通業界の健全化のために活動している団体で、厳しい入会条件をクリアした優良企業のみで構成されています。

そのため、他社が提供する一括査定サービスよりも、車買取によって生じるトラブルの少なさがユーザーの利便性を高めています。

関連記事:「対策方法バッチリ公開!車買取トラブルの相談事例6選」

しかし、JADRI会員企業限定の一括査定サービスなので、依頼可能な業者数が少ないというのが弱みでもあります。

サイト上での画面の操作手順

…では、メールのみにする申し込み方法について。

まず、基本通りの申し込み方法ではメールのみにはできず、通常手順とは別に追加で作業する必要があります。(作業量はほんの少し増える程度。)

通常の申し込み方法については特筆すべきことはないので省略し、ここではメールのみにするための追加作業についてのみ解説します。

かんたん車査定ガイドの一番下にあるメニューの中から「お問い合わせ」を選択、よくあるご質問のうち「お問い合わせ窓口」を選択します。

かんたん車査定ガイドの操作手順

お問い合わせフォームのリンクを選択後、お問い合わせ内容の選択肢の中から「メール連絡のみ希望」を選択してください。

かんたん車査定ガイドの操作手順

あとは必要事項を入力すればOKです。

関連記事:「評判上々&電話なしもOK!かんたん車査定ガイドの買取」

かんたん車査定ガイドの注意点

かんたん車査定ガイドの場合も通常手順では分かりづらく、どうしても一手間が必要というのがちょっと残念なところでしょうか。

それでも一括査定サービスの中では珍しく、「メール連絡のみ」という選択肢が用意されている数少ないサービス。

…補足ですが、かんたん車査定ガイドでも申し込み後はすぐに電話がかかるので、申し込みを21時以降に行い、そのあとにじっくりメールのみにする設定を行なう…という手順がマイペースに操作できていいかもしれません。

詳細情報については「かんたん車査定ガイドの公式サイト」をご覧ください。

電話の方が楽なケース?

ここでは電話なし&メールのみ…というのが本題ですが、メールよりも電話の方が楽なケースもあるので、それも含めたアドバイスです。

かんたん車査定ガイドのように最初から提携業者数が限定されている場合や、カーセンサーのように業者選択機能がある場合、最初から業者の電話件数が少ないなら電話の方が手っ取り早くてそれほど手間にもなりません。

本人の向き不向きもありますが、ここで紹介したサイトを利用するのであれば、そういった要素も含めてどちらにするかを検討してみましょう。

査定金額だけメールで知りたい場合

こちらは初心者向けの初級編で、査定金額をメールで知りたいだけ…という人に。

数ある買取サービスでもこれに適しているのが「楽天オート」。

車両情報やメールアドレスを登録しておけば、毎月に1回のペースで概算査定の金額をお知らせしてくれます。

もちろん買取業者からの営業電話なし&メールのみでのお知らせなので、気楽に利用できる点がメリットになるでしょう。

表示される金額はあくまで「概算査定」なので、あてにできるほど精度が高いとはいえませんが、様子見でのお手軽ツールとしては悪くないと思います。

あと、基本的にクルマは徐々に価値が低下していきますが、その市場価値の低下幅と推移を確認できるのも楽天オートならではの嬉しい点ですね。

関連記事:「売却前のリサーチ!意外と簡単な概算査定の調べ方」

…最後に注意点。

提携業者数は90社前後と他サービスに比べてやや控えめなので、そのまま一括査定を依頼する場合、依頼可能な業者数は最低3社以上は欲しいところ。

また、楽天オートは楽天ポイント目的で利用する人は多いですが、利用者にはお馴染みの期間限定ポイント(有効期間も短め)という点には注意しておきましょう。

クルマの買取相場に興味がある場合、当サイト別記事の「匿名OK!個人情報なしで買取相場を調べる方法」もお役に立てるかもしれません。

サイト上での画面の操作手順

楽天オート公式サイトの左上にある「Rakuten」カーサービスを選択し、一番左上のハンバーガーメニューを選択、出てくる一覧から「中古車買取査定」を選択します。

サイト上での画面の操作手順

あとは画面の下側付近にある「買取相場お知らせメール」を選択し、必要事項を入力すれば定期的に査定金額のお知らせが届く状態になります。

サイト上での画面の操作手順

詳しくは「楽天オートの公式サイト」をご覧ください。

ユーカーパックもメールのみにできる

高額買取で知られる一括査定ですが、複数の業者に競ってもらえるのは一括査定だけ…という時代でもありません。

ユーカーパックは2,000社以上の販売業者が参加する買取サービスで、電話や査定の手間が減らせるだけでなく、業者と直接買取金額を交渉する手間もなく、買取金額が競り上がるという手間の少ないシステムが構築されています。

(※ 一括査定と同じく最初から最後(査定・出品・成約)まで手数料0円。)

また、一括査定では売り主と買取業者との交渉なので、対決するような構図になりますが、ユーカーパックは売り主をサポートしてくれる立場になります。

事前にコツなどをリサーチする必要もほとんどないので、初心者やリピーターにとっても利便性の高いシステムが魅力的ですね。

ユーカーパックでの操作手順

ユーカーパックでも通常通り申し込むと電話でのやり取りしか選択肢はないので、すでに紹介した他サービスと同じく、通常とは異なる手順で申し込みます。

その手順は公式サイトの一番下のメニューにある「お問い合わせ」から、「できれば電話ではなく、メールのみで査定を依頼できないでしょうか?」…といった内容でメッセージを送信してください。

買取相場の調べ方

住所や連絡先、希望日時などを確認するためのメールが届くので、必要事項を入力して返信する…といった感じでメールでのやりとりが可能になります。

特に手の込んだ手順は必要ありませんが、お問い合わせからのやり取りで可能になるというのがポイントになるでしょう。

関連記事:「電話も査定も1回で競売に!ユーカーパックの流れ&デメリット」

ユーカーパックでの注意点

ユーカーパックでの注意点としては、一括査定とサービスのスタイルが異なるので、実は手間を掛けてメールのやり取りに切り替えるメリットが薄いこと。

もちろん今回紹介した方法で依頼すればメールのみで対応してくれますが、そもそもユーカーパックはたった1回の電話で済むので、わざわざ切り替えてメールでやり取りするほうが手間になる可能性が高くなります。

このあたりは向き不向きもあるのかもしれませんが、ユーカパックに限ってはそれでもメールでのやりとりにしたい…という場合の参考になればと思います。

詳しくは「ユーカーパックの公式サイト」をご覧ください。

関連記事:「平均10万円以上の違い?車を売るならどこがいいのか」

大切な愛車を高く売る!
大切な愛車を高く売る!

2007年に買取査定サービスを開始した「かんたん車査定ガイド」は、2017年9月で利用実績が280万人を突破しました!

サービス情報買取業者情報
買取形式:一括提携業者:42社
利用料金:無料査定依頼:最大10社
入力項目:9項目業者選択:不可
入力目安:45秒対応地域:全国
売却実績①…トヨタ プリウス
年式
2010年
走行距離
6~7万キロ
査定日
2015年9月
+30万円の100万円で売却。
売却実績②…トヨタ ランドクルーザー
年式
2008年
走行距離
5~6万キロ
査定日
2015年7月
+60万円の460万円で売却。

運営会社であるエイチームライフスタイルは東証一部上場のエイチームのグループ会社で、査定申し込み後はすぐに概算査定が提示されます。

厳選な審査をクリアした優良な「JADRI会員のみ」で構成されているため、買取によるトラブルが起こりにくく、2016年4月~2017年3月に行なわれたアンケートでは平均10万円以上も高く売れたことが明らかに!

競売システムで高く売る!
競売システムで高く売る!

独自のオークションシステムで買取サービスを開始したのが「ユーカーパック」。

サービス情報買取業者情報
買取形式:競売業者数:2,000以上
利用料金:無料査定依頼:査定1回
入力項目:7項目業者選択:-
入力目安:30秒対応地域:全国
売却実績①…トヨタ プリウス
年式
2016年
走行距離
9,906km
査定日
2018年2月
+39万円の175.6万円で売却成立。
売却実績②…トヨタ アルファード
年式
2012年
走行距離
34,242km
査定日
2018年6月
+61万円の230万円で売却成立。

電話のやり取り&実査定は1回だけ!独自オークションで買取業者との直接交渉をする必要はなく、売り手が少ない手間で高く売りやすいという革新的なシステムが特長。

(※ 2018年5月の車種別平均入札件数はトヨタ ハイラックスサーフが1位で34.4件、トヨタ アルファードが29.1件、ホンダ ステップワゴンスパーダが29.0件という結果に。)

出張査定手数料、オークション出品料、成約手数料など完全無料で利用できるなどユーザーにありがたいサービス。