これで解決!車の種類(ボディタイプ・形)のまとめ

法的にきちっと定義が定められている車種とは異なり、法的な定義はなく主に外観や構造からさらに車を細かく分類する基準が「ボディタイプ」です。

古くから親しみのある「セダン」、ファミリー層向けの「ミニバン」、世界的に人気の高まっている「SUV」といった名称もボディタイプ別に分類したものになります。

好みで選びたいところですが、これによって室内空間や荷室の用途も変わってくるため、利用する乗車人数とも深くかかわり、通勤程度とかレジャー用、ファミリー層向けなど、ボディタイプはそういった複合的要素から選ぶときの目安になります。

時間の経過とともに他のタイプの特徴を取り入れる動きも多いため、一概に分類することは難しいタイプも増えてきています。

しかし、やはり知っているのと知っていないのとでは話のすすめ方が異なり、おおよそでも知っておくと買い替えだけでなく売却のときにも便利ではあるので、ある程度でも把握しておくのがいいと思います。

セダン

ベーシックなセダンタイプの車

最近ではあまり主流ではなくなってしまいましたが、数あるボディタイプの中で最もベーシックなタイプとされるのが「セダン(sedan)」です。

基本的には4ドアでエンジンルーム、車室(居室、客室)、トランクルーム(荷室、ラゲッジルーム)が別々に設計されていることから「3BOX、3ボックスカー」と呼ばれることも。

漢字で表すとちょうど凸型(とつがた)といった感じで、掲載した画像のように昔ながらの車のイメージを思わせるタイプといえるでしょう。

セダンユーザーは比較的年齢層が高く、買い替えでも同じセダンタイプを選ぶ傾向が強いという特徴もあります。

長らく親しまれてきた定番のボディタイプでしたが、より多くの人や荷物を運べるミニバン、小回りの利くサイズに低燃費という経済性を兼ね備えたコンパクトカー、同じような条件で定番人気の軽自動車が選ばれる時代に…。

乗用車としては見かける機会がだいぶ少なくなってしまいましたが、今でもタクシーは定番のセダンタイプが多いですね。

…ちなみに、よく話題になるプリウスもセダンタイプ。

これまでの既存の定義であれば「3BOX4ドア」という分かりやすい形で、プリウスは「2BOX5ドア」なのでハッチバックといいたいところですが、トヨタの公式サイトでもセダンにカテゴライズされているように、「5ドアセダン」という広義的な意味でのセダン扱いに。

(※ サイトによってはハッチバック扱いになっている場合も。)

セダンの車種一覧
トヨタ プリウス、トヨタ クラウン、トヨタ カローラ アクシオ、トヨタ プレミオ、マツダ アテンザ セダン、マツダ アクセラ、日産 ティアナ、日産 スカイライン、ホンダ グレイス、スバル インプレッサ、スバル レガシィ、レクサス IS

ワゴン

セダンから派生したワゴンタイプ

基本的には5ドアタイプのもので、車室とトランクルームの仕切りがなく、これらが一体型の2BOXになったものをワゴン(ステーションワゴン)といいます。

セダンの派生として荷室容量が拡充されており、簡単にいうと「セダン+荷室」といった感じで運搬力が高くなったもの。

セダンベースの車高の低いものは特にステーションワゴン、車高の高いものはトールワゴンと呼び、より細かい差別化がされています。

しかし、室内空間の広いミニバンや軽トールワゴン(ワゴンタイプの軽自動車)の人気が勝っており、相対的にワゴン車の需要は年々低下傾向に。

ステーションワゴンの車種一覧
トヨタ カローラ フィールダー、トヨタ アベンシス、日産 ウイングロード、ホンダ シャトル、スバル レヴォーグ、スバル レガシィ アウトバック、マツダ アテンザ ワゴン

ワンボックスカー

社用車として実用性の高いワンボックスカー

最初にセダンが3BOXという話をしましたが、ワンボックスカーはエンジンをフロントシートの床下に配置し、車室と荷室を一体型にした1BOXという構造からそう呼ばれています。

その構造からキャブオーバーと呼ばれることもありますが、キャブオーバーのキャブは「cabin(客室)」、エンジンの上という意味で「over」をあわせた和製英語で、ボディタイプではなく構造をさす言葉となっています。

耐久性、エンジンパワー、積載量を兼ね備えており、送迎用、小型貨物、社用車など活用できる用途の広さが特長です。

このタイプで代表的かつ不動の人気を誇るのがトヨタ ハイエース。

日本車ブランドのトヨタという信頼性と機能性を兼ね備えていることもあり、海外でも絶大な人気があることからハイエースは値落ちしにくいです。

日本ではマーケティングのために広まった独自のカテゴリーで、衝突安全基準や生産コストから主軸はミニバンへと移行しており、2000年頃にはワンボックスとカテゴライズされていたものもミニバンとして扱われるようになっています。

ミニバン

ファミリー層向けのミニバン

一般的に使用される「ミニ」というワードには似合わない大きさとなっていますが、もともとはアメリカのフルサイズバンより小さいサイズであることからミニバンと呼ばれています。

その多くが3列シート、多人数乗車、スライドドアなどファミリー層向けの仕様となっており、3列目のシートをたたんで車中泊に使用するといった使い方もできますね。

フロントのボンネットが短い特徴から1.5BOXと呼ばれることも。

似通った形状からワンボックスカーとの違いが曖昧になることも多いですが、最も大きな違いはエンジンの位置で、ワンボックスカーではフロントシートの床下でしたが、ミニバンでは運転席の前面に配置されています。

これによりフロントフェイスが平面で箱型に近いタイプはワンボックス、出っ張るタイプがミニバンとなっており、車の顔を重視するならこの違いも押さえておきたいところ。

また、ワンボックスよりちょっとサイズが小さいことが多いです。

長らく続いていたミニバンの人気は陰りが見え始めており、多くの関心は後述のSUVへと移行しつつある状態となっています。

ミニバンの車種一覧
トヨタ シエンタ、トヨタ ヴォクシー、トヨタ ヴェルファイア、トヨタ アルファード、日産 セレナ、ホンダ フリード、ホンダ オデッセイ、ホンダ ステップワゴン

SUV

国内でも人気の高まるSUV

SUVはスポーツ・ユーティリティ・ビークル(sport utility vehicle)の略。

utilityは役に立つとか便利、ビークルは乗り物全般をさす英語で、SUVを日本語では「多目的スポーツ車」などと呼びます。

オフロード走行が想定された4WD(四輪駆動)タイプがSUVのメインとなっていましたが、構造や重量から燃費が悪く特に最近の日本ではいまいちな評価のカテゴリーに。

しかし、街乗りを想定した乗用車ベースの「クロスオーバーSUV」が登場してからはこのタイプがSUVの主流となり、日本国内だけでなく世界的に注目される車になりました。

日本では特にコンパクトサイズの「小型クロスオーバー」が人気となっていますね。

SUVの車種一覧
トヨタ CH-R、トヨタ ランドクルーザー プラド、日産 エクストレイル、ホンダ ヴェゼル、マツダ CX-8、マツダ CX-5、スバル エクシーガ クロスオーバー7、スバル XV、スバル フォレスター

関連記事:「SUVの意味とは?初心者向けに分かりやすく解説」

ハッチバック / コンパクトカー

節約志向に人気のコンパクトカー

後部ドア(リアドア、ハッチ)が跳ね上げ式(上部開放式)で、車室と荷室が一体となった2BOXタイプになっている車を「ハッチバック(hatchback)」といいます。

ハッチバックにも色々なサイズはありますが、セダンタイプと軽自動車の中間的な存在となるのが、お手頃サイズで需要の高いコンパクトカーです。

コンパクトカーは厳密にはボディタイプの分類ではなく、分類するための明確な定義もありませんが、車両運送法上の小型自動車の規格に当てはまるものが多いです。

(※ 小型自動車の規格は全長4.7m、全幅1.7m、全高2.0m以下、総排気量2000cc以下で、特に総排気量1000~1500cc程度のものをコンパクトカーとすることが多い。)

おおよその構造は先に紹介したステーションワゴンと似ていますが、基本的にこれより一回り程度小さくしたのがコンパクトカーといった感じになります。

そのお手頃サイズから軽自動車と比較されることが多く、軽自動車よりも室内空間が広い、より安定した走行性能、同程度の低燃費など街乗りを想定した設計だけあってコストパフォーマンスが優れています。

一般使用程度であれば利便性が高いため、軽自動車とどちらにするか悩む人が多いほど人気のあるタイプです。

コンパクトカーの車種一覧
トヨタ アクア、トヨタ ヴィッツ、日産 ノート、ホンダ フィット、マツダ デミオ、スズキ ソリオ、スズキ スイフト

関連記事:「ちょっと分かり辛い?車種や車名の違いとは?」

軽自動車

低コストで人気の軽自動車

海外にはない日本の独自規格となっているのがお馴染みの軽自動車。

サイズが小さいことから小回りが利き、日本という土地柄に適した使い勝手の良さ、初心者や女性にも運転しやすいといったタイプ。

税金などの必要経費が安く、燃費の良さなどのコスト面も相まってコストパフォーマンスに優れており、コンパクトカーとどちらにするか悩むことも多いですね。

関連記事:「大きさ・長さ・幅…軽自動車の規格サイズ(寸法)を比較!」

軽自動車と一口にいっても、他のボディタイプを掛け合わせたものが一般的になっており、SUVと融合させた「軽クロスオーバーSUV」、トールワゴンと融合させた「軽トールワゴン」といったものが登場しています。

軽新車販売台数では2011年まで9年連続トップのスズキ ワゴンRは軽トールワゴン、2015年から3年連続トップのホンダ N-BOXは軽ハイトールワゴンとワゴンタイプが人気。

さらに、2017年車名別新車販売台数ではプリウスをおさえて1位になるなど軽自動車の人気は高くなっていますね。

中古車市場では軽自動車の需要は高いため、全般的に値落ちしにくいという特徴があり、買い替え時は購入価格を抑えるのに役立ちますが、中古車を購入するときは意外に高額なので悩みどころになるかもしれません。

軽自動車の車種一覧
トヨタ ピクシス、日産 デイズ、ホンダ N-BOX、ダイハツ ムーヴ、ダイハツ タント、スズキ ハスラー、スズキ ワゴンR

関連記事:「おすすめもご紹介…車の人気色などについての話」

大切な愛車を高く売る!
大切な愛車を高く売る!

2007年に買取査定サービスを開始した「かんたん車査定ガイド」は、2017年9月で利用実績が280万人を突破しました!

サービス情報買取業者情報
買取形式:一括提携業者:42社
利用料金:無料査定依頼:最大10社
入力項目:9項目業者選択:不可
入力目安:45秒対応地域:全国
売却実績①…トヨタ プリウス
年式
2010年
走行距離
6~7万キロ
査定日
2015年9月
+30万円の100万円で売却。
売却実績②…トヨタ ランドクルーザー
年式
2008年
走行距離
5~6万キロ
査定日
2015年7月
+60万円の460万円で売却。

運営会社であるエイチームライフスタイルは東証一部上場のエイチームのグループ会社で、査定申し込み後はすぐに概算査定が提示されます。

厳選な審査をクリアした優良な「JADRI会員のみ」で構成されているため、買取によるトラブルが起こりにくく、2016年4月~2017年3月に行なわれたアンケートでは平均10万円以上も高く売れたことが明らかに!

競売システムで高く売る!
競売システムで高く売る!

独自のオークションシステムで買取サービスを開始したのが「ユーカーパック」。

サービス情報買取業者情報
買取形式:競売業者数:2,000以上
利用料金:無料査定依頼:査定1回
入力項目:7項目業者選択:-
入力目安:30秒対応地域:全国
売却実績①…トヨタ プリウス
年式
2016年
走行距離
9,906km
査定日
2018年2月
+39万円の175.6万円で売却成立。
売却実績②…トヨタ アルファード
年式
2012年
走行距離
34,242km
査定日
2018年6月
+61万円の230万円で売却成立。

電話のやり取り&実査定は1回だけ!独自オークションで買取業者との直接交渉をする必要はなく、売り手が少ない手間で高く売りやすいという革新的なシステムが特長。

(※ 2018年5月の車種別平均入札件数はトヨタ ハイラックスサーフが1位で34.4件、トヨタ アルファードが29.1件、ホンダ ステップワゴンスパーダが29.0件という結果に。)

出張査定手数料、オークション出品料、成約手数料など完全無料で利用できるなどユーザーにありがたいサービス。